蔵象

 

蔵象

蔵とは「蔵する」の意で、体内におさまっている内臓のことであり、象とは外に現われる生理、病理現象である。蔵象学説は、人体の生理、病理現象を観察することによ り、各臓腑の生理機能や病理変化、及びその相互関係を説明する学説である。

 

蔵象学説は、中医基礎理論において、きわめて重要であり、人体の生理や病理を明らかにし、臨床治療など、広い分野の基本となっている。ここでいう臓腑とは、内臓の総称である。これらはそれぞれのもつ生理的機能的特徴により、臓、腑、奇恒の腑の3つに分類することができる。

 

臓は五臓のことであり、これには心、肺、脾、肝、腎がある 。腑は六腑のことであり、これには胆、胃、小腸、大腸、膀胱、三焦がある。また奇恒(きこう)の腑には、脳、髄、骨、脈、胆、女子胞がある。

 

五臓に共通する 生理的特徴…気血の化生と精気の貯蔵。

六腑に共通する生理的特徴…水穀の受盛と伝化。

奇恒の腑…奇はつまり異の意味で、これは平常と違うという意味である。 このタイプの腑の形態及び生理機能は、六腑とは異なっている。その特徴としては、奇恒の腑は水穀と直接に接触しない密閉している組織器官である。

また精気を蔵するという臓の作用に類似した機能もある。すなわち、臓に似て臓ではなく、腑に似て腑ではないということになり、臓腑の中間型ともいうべきものということから奇恒の腑と称されている。

 

 

臓の本質

「満而不能実」(充満するが充実しない)、

「蔵而不瀉」(ためるが瀉さない) である。

 

 

腑の本質

「実而不能満」(充実するが充満しない)、

「瀉而不蔵」(瀉するがためない)である。

 

ここで「満」というのは精気の充満であり「実」とは水穀(飲食物)の充実を指す。つまり五臓は精気を貯えるので、満でも実にはならない。六腑は精気を貯えないで、水穀が入ると実にはなるが、満になることはない。五臓六腑のこのような機能上の特性の違いは臨床上重要な意義を持っている 。

 

病の初期の段階では、病は腑にあることが多く、長期になると臓に移行することが多い。また臓の病には虚証のものが多く、腑の病には実証のものが多いという特徴がある。腑の実証の場合は、その腑を瀉し、臓の虚証の場合は、その臓を補えばよい。

 

 

蔵象学説の形成

古代の解剖知識:

「霊枢・経水篇」には、屍体を解剖して臓腑の大小、脈の長短、血の清濁などを観察 した記載がある。 これらは蔵象学説の形成に形態学上の基礎を提供したものである。

 

 

人体の生理、病理現象の観察:

例)皮膚が寒気の刺激を受けてカゼを引いた場合には、鼻づまり、鼻水、咳嗽等の症状が発生する。

このようなことから、皮毛、鼻、肺の間に密接な関連があることが認識されるようになった。

 

 

長期にわたる医療実践:

多くの医療実践を通じて、その病理現象と治療効果から、人体の多くの生理機能が分析され認識されてきた。

 

例)多くの眼疾患に対し、肝から治療するとよい効果が得られ、これが何度も検証されて「肝は目に開竅する」という理論が誕生された。また、ある種の補腎薬を使うと、骨折した骨の癒合が促進され、そこから腎の精気は、骨格を生長させる作用があることが段々わかってきて「腎は骨を主る 」という説が生まれたのである。

 

未病治診断士Basicアドバイザー 養成講座

 

次へ >

1