陰陽五行論(いんようごぎょうろん)

陰陽五行論

陰陽五行論は中国古代の哲学理論であり、唯物論的弁証法の考え方を備え、古代人の素朴な自然観に基づいて形成された概念である。

陰陽五行論は、陰陽と五行の概念によって医学を解釈するものである。生理的には、陰陽で気血 · 臓腑を分け、五行の属性に基づいて五臓を配当し、五行の相生と相克の 関係で五臓の関連性を解釈する。病理的には、陰陽で寒熱・虚実を分け、五行の相生・相克の関係で五臓の病理的関連性を解釈する。弁証においては陰陽で各種の病証を分析し、治療上は陰陽で薬物の性質・効能などを分析する。

陰陽五行論は、陰陽論と五行論の総称である。

これは古代中国哲学の1つであり、古 代中国人が生活の中で自然現象の長期的観察を通じて導き出したものである。当時においては、天文、暦算、地理、農業、医学などの自然科学は、すべてこの学説の影響を受けており、自然界の各種の現象はこの観点で解釈していた。

陰陽論では、自然界のいろいろな事物の発生、発展、変化は、その事物の内部に相互対立する陰陽が存在しているからであり、この2方面の相互作用は、事物の運動、変化、発展の内在的な動力であると考えている。

五行論では、宇宙間のすべての事物はすべて木、火、土、金、水という5種類の基本物質により構成されていると考えている。さらに五行の生克制化理論を用いて事物の運動、発展の過程における相互関係を説明しており、また、各種の異なる事物の発展の過程における動態的バランスを明らかにしている。

陰陽五行論は、もともと哲学から生まれたものであるが、中医学の理論体系の形成、発展する過程に大きな影響力を持っており、それは、生理、病理、診断、薬物、治療法など中医学すべての過程で考え方の基礎となっており、中医学の基本的な考え方と重要な組成部分となっている。

陰陽学説

陰陽の元々の意味は、日光に向かっている側を陽、日光に背を向けている側を陰としたというきわめて素朴なものである。陰陽学説は、古人が長期に亘って観察した天地、日月、寒暑、男女、上下、内外、動静といった対立する自然現象から、抽象して得た概念に立脚している。「陰陽は、天地の道なり」<素問・陰陽応象大論>。

陰陽学説では、宇宙に存在するすべての事物は陰か陽の属性を持ち、どのような事物の内部にも陰と陽の面があり、これは2つの相互に対立した事物を代表するだけでなく、同一の事物の内部に存在する相互の対立をも代表している。陰陽学説は、世界は物質性を持つ統一体であり、世界そのものが 陰陽という2つの気の対立・統一の結果であると考えている。陰と陽の間には相互依存、相互対立、相互制約、相互転化の関係があるとみなしている 。

陰と陽の環境との関わりを表した図

活動的なもの、外在するもの、上昇するもの、温熱的なもの、明るいもの、機能的なもの、機能の亢進しているものは、すべて陽に属し、反対に落ち着いていて静かなもの、内在的なもの、下降するもの、寒冷なもの、暗いもの、物質的なもの、機能が減退しているものは、すべて陰に属することがわかる。

陰と陽の異なる特徴を把握すれば、万事万物をこの陰と陽の属性で規定することができる。

<陽>体表・背・四肢・上半身、皮毛・腑・気・衛・陽経、興奮・亢進

<陰>体内・胸・躯幹・下半身、筋骨・臓・血・営・陰経、抑制・低下

この分類法を病証や脈象の弁別(見分け方)にも用いている。病証については、表証、実証、熱証は陽に、裏証、虚証、寒証は陰に属する。

<陽>表証 実証 熱証、浮・数・滑・実・洪大

<陰>裏証 虚証 寒証、沈・遅・渋・虚・細小

​中医学における陰陽論の応用

陰陽学説では宇宙のすべての事物と現象は、陰と陽の二つの面を含む。

陰と陽との相互に対立し闘争しあい、また相互に資生し依存しあうという関係は、物質世界の基本原則であり、事物が発生し、消滅する原因であると考えている。

陰陽の依存は、また“陰陽互根”ともいい、陰は陽に根ざし、陽は陰に根ざしている。

陰と陽はそれぞれの対立面をもって自己を存在し、単独には存在できない。昼がなければ、夜はなくなり、興奮がなければ、抑制はなくなると同じようである。 陰と陽は相互に対立しあい、相互に資生し、依存しあう。いわゆる対立して統一された一体である。

陰陽と身体の種別を表した図

陰陽学説では、陰陽双方が対立・統一による協調関係を持っていることにより、人体の正常な生命活動が行なわれていると考えている。陽に属する機能と陰に属する物質との関係は、対立・統一による協調関係の現われである。人体の各種の機能活動(陽)が営まれるには必ずそれだけの栄養物質(陰)の消費がある。また栄養物質(陰)の生成にはどうしても臓腑の機能活動や一定量のエネルギー(陽)が費やさなければならない。これはまさに陽長陰消(或は陰消陽長)、陰長陽消(或は陽消陰長)の運動変化の過程ということができる。

陰陽と臓腑の関係を陰陽マークに描いた図

中医診断への応用​

陰陽学説では、人体の病理変化 を陰陽失調として考え、邪と正も陰陽によって分析する。「邪」は陰邪と陽邪に分けることができ、陰邪による病態は陰偏勝を形成して寒盛(実寒)をあらわし陽邪による病態は陽偏勝を形成して熱盛(実熱)を示す。「正」は陽気と陰液の両面を含み、陽気の虚では虚寒が、陰液の虚では虚熱が現われる。このことから、多種多様の病理的変化は「陰勝則寒、陽勝則熱、陰虚則熱、陽虚則寒」(陰勝ればすなわち寒、陽勝ればすなわち熱、陰虚すればすなわち熱、陽虚すればすなわち寒)という四句に概括できる。根本原因は陰陽失調であり、偏勝か偏衰による病態である。

また、「陽損及陰、陰損及陽、陰陽倶損」(陽が損傷すると陰に及び、陰が損傷すると陽に及ぶ。陰陽ともに損傷する)がある。これは陰陽の互根互用理論によるものである。また、「重寒則熱、重熱則寒」(寒が極まって熱を生じ、熱が極まって寒を生ずる)と「重陰必陽、重陽必陰」(陰が極まって陽に転じ、陽が極まって陰に転ずる) がある。これは陰陽転化の理論によるものである。

疾病の発生と発展の根本原因は、陰陽のバランス失調であり、したがって、診断を行う時には、まずその陰陽の属性を識別すると、疾病の本質をつかむことができる。

陰陽学説の中医への応用は、食物の性味と作用を概括し臨床における食物利用の指針 と根拠ともされている。食物の性能は主にその性味と昇降浮沈により決定されてお り、これらは全て陰陽から導かれている。性には寒、熱、温、涼の四つがあり、またこれを「四気」ともいっている。寒、涼は陰に属し、熱、温は陽に属す。味には主に辛、甘、酸 、苦、鹹(塩辛い)の五つがあり五味と称し、このほかに淡味がある。そのうち辛、甘、淡は陽に属し、酸、苦、鍼(塩辛い)は陰に属す。それぞれの味にそれぞれの働きがある。昇降浮沈というのは食物の作用する方向や流れをいったもので、昇と降、浮と沈は相反した意味で、陰陽からいうと昇と浮は陽、降と沈は陰ということになる。

五行論

五行学説では、宇宙間のすべての事物は木・火・土・金・水(もっかどこんすい)と いう5種類の物質の運動と変化から構成されていると考えている。五種の物質からなるので「五行」と称し、五行の「相互に生みだし、相互に制約する」という関係を通じて、すべて物質世界の運動と変化を説明している。これら五種類の事物は人間の生活にとってなくてはならないものであり、自然界でも最も重要な事物でもある。またこれら五種類の事物はそれぞれ密接相互関係で結ばれている。中医学における生理、病理、診断、治療、薬物などの理論も、五行学説の影響を受け、これらの内容に関する一連の考え方の基礎になっている。

五行の特性と分類

五行学説の木・火・土・金・水という五種の物質の 特性に対する認識は、古人の長期にわたる自然観察に基づいている。

「木は曲直をいう」生長し昇発する特性をもつ。

「火は炎上をいう」炎熱で上昇する特性をもつ。

「土は稼穡を妥く」種植収穫し万物を生化する特性をもつ 。

「金は従革をいう」粛殺し変革する特性を持つ。

「水は潤下をいう」滋潤し下行し寒冷の特性をもつ。

以上の認識にもとづいて、宇宙のさまざまな事物を五行に分類するとともに、すべての事物はこの五種の物質の相互作用 と相互変化によって構成されているとみなす。事物の異なる性質、作用、形態をそれぞれこの五行に帰属させている。

例)その事物に木の性質と類似したものがあれば、それを木に帰属させる。また火の特性にと類似していれば火に帰属させる。事物を帰納するこのような方法は、基本的には5種の物質それ自体ではなく、それぞれの特徴にもとづいて事物の属性を抽象的に要約している。

中医学は五行の 類推分析法を用いて帰納し、医学理論の問題を分析し解決している。 この五行学説にもとづき、自然界と人体の臓腑組織などの代表的なものを分類している。

五行の特性と分類を細かく表した図

 

■五行色体表(五行配当表)~要点の解説~

五季…季節

五悪

肝は風を嫌い・心は熱を嫌い・脾は湿を嫌い・肺は寒を嫌い・腎は燥を嫌う。

五方

方位「東方は風を生み 南方は熱を生み 中央は湿を生み 西方は燥を生み 北方は寒を生む」

五臓

五行それぞれの臓器とその機能。 中医で言う臓は、現代医学でいう臓器だけではなく、その周辺部位、機能をいう。

五液

五臓が化する液(五臓が弱ると盛んに分泌される体液。 肝が弱ると涙が多くなる→心火は汗、脾土は涎(よだれ)、 肺金は涕(はなみず) 、腎水は唾)

五華

五臓の状態があらわれるところ 肝の不調は爪に表れ、爪が枯れたり割れたりしてくる。 心が不調になると顔の血色が悪くなる。 脾が不調になると唇やその周囲に異常がでる。 肺が不調になると皮膚がガサガサになり体毛が抜ける。 腎が不調になると髪の毛が抜けてくる。

五病

五臓が病むと出る症状 語は「しゃべる」・噫は「げっぷ」・呑は「すっぱいものや苦いものが上がってくる」 咳は「せき」・欠は「あくび」。

五香

五臓が変調をきたした時の臭い 臊は「あぶらくさい」・焦は「こげくさい」・香は「かんばしい」 腥は「なまくさい」・腐は「くされくさい」

五志(ごし)

五臓が発す感情
肝は怒 心は喜 脾は思(慮) 肺は憂(悲) 腎は恐(驚) 例:肝(木行)が乱れると怒りっぽくなり、逆に怒ってばっかりいると肝を乱す。 また、心(火行)は喜びですが、過度の喜びは「ヘラヘラとした状態」ともいえ、 喜びが過ぎれば心が緩み、心臓を悪くする。

五蔵

五臓が内臓する精神的要素

「魂-こん」→たましい→熱い人や感情のこもった様子。

「神-しん」→心や精神で“信仰心”。

「意-い」→心に思うことや考えで、あれこれと思いを巡らすといった意味。

「魄-はく」→魂が陽の気なのに対し、魄は陰の気で、死者の魂・屍などを意味する。

「志-し」→「こころざし」の意味。

五主

五臓が支配するもの。主人は誰か?という意味。

木は肝筋(腱も含む)-筋肉そのものは脾にも属し、木のいう筋とは主にスジの意味。

火は心血 -血液そのものや脈の状態、血管も含む。

土は脾・肉 -筋肉も含むが、おもに脂肪や肉全体の意味。

金は肺・皮毛 -体表面を覆う皮膚のこと。金の毛はおもに体の毛と産毛で、

水は頭髪・腎。 腎は骨髄(骨も含む)-リンパ液や髄液など血液以外の体液全般。

「肝は筋を生じ、心は血を生じ、脾は肉を生じ、肺は皮毛を生じ、腎は骨髄を生ず。」

五労

五主を傷つける動きや行動を意味する。

木は歩-歩きすぎると筋を傷つける。

火は視-見すぎると血を傷つける。

土は坐-長く座ると肉を傷つける。

金は臥-長く横になる(寝る)と皮毛を傷つける。

水は立-長く立っていると骨を傷つける。

五変

季節におこる病変。

木は握→春は引き攣って手を握り締める病変が現れる。

火は憂→夏は憂いの精神状態として現れる。

土は噦(えつ)→土用の時期は“しゃっくり”として現れる。

金は咳→秋は“せき”として現れる。

水は慄→冬は震えたり、身震いする病変が現れる

季病

季節に病変がでるところ。

春は神経・夏は経脈・土用は舌根・秋は背・冬は関節→五変が出る原因・部位。

五化

天の気を受けた地の作用

生は、生まれる・芽吹く

長は、成長する・茂る

化は、養い育てる・姿をかえる

収は、収める・収穫

蔵は、貯蔵・かくれる

五味

五臓に通ずる味。臓に入ることから、五入ともいわれる。

木→酸味のものは、主に収斂作用-引き締める、締める

火→苦味のものは、主に乾堅作用-体内の熱を清め、体液を保つ

土→甘味のものは、主に緩和作用-痛みや不快感を和らげる

金→辛味のものは、主に発散作用-寒気を散らす・気を巡らす

水→鹹味のものは、主に軟化作用-固いものを柔らかくする

※鹹は(かん)と読み、塩辛さ。

以上の認識にもとづいて、宇宙のさまざまな事物を五行に分類するとともに、すべての事物はこの五種の物質の相互作用と相互変化によって構成されているとみなす。事物の異なる性質、作用、形態をそれぞれこの五行に帰属させている。例えば、その事物に木の性質と類似したものがあれば、それを木に帰属させる。また火の特性に類似していれば火に帰属させる。事物を帰納するこのような方法は、基本的には5種の物質それ自体ではなく、それぞれの特徴に基づいて事物の属性を抽象的に要約している。中医学は五行の類推分析法を用いて帰納し、医学理論の問題を分析し解決している。この五行学説に基づき、自然界と人体の臓腑組織などの代表的なものを分類している。

五臓六腑の相関図

<肝>は血を貯蔵する働きや気の流れを調整する働き、消化吸収を助ける働き。

<心>には血液を全身に送る働きと精神や意識・思考をコントロールする働き。

<脾>消化器系の働きをコントロールする働き、津液(水)を吸収して運ぶ働き。

<肺>呼吸をつかさどり、津液(水)の輸送、排出をコントロールする働き。

<腎>は生殖と成長発育の勢力を貯蔵し、生命維持機能、水分代謝を調整する働き。

<三焦>は五臓の補佐をしながら、消化・吸収・排泄などの生理機能を営む。

<胆>肝とつながり胆汁の貯蔵と排泄を調整。脾胃の消化機能を正常に進行させる。 <小腸>胃で初歩消化された食物の栄養を吸収し、残留物を大腸に送る働き。

<胃>飲食物を消化して小腸に送り、栄養分に変化させる働き。

<大腸>小腸で栄養吸収した後の残留物を便として体外に排泄する働き。

<膀胱>腎の働きを受け、貯尿と排尿の働き。

中医診断への応用

人体は一つ有機的統一体であり、内臓の機能及びその相互関係の異常な変化はすべて顔色、声色、形態、脈象などの各方面に反映する。したがって、診断を行う時には、望、聞、問、切という四診により集められた臨床所見を、この五行の帰属、その相生相克、相乗相侮の変化法則に基づいて病情を推測することができる。

本臓に所属する色、味、脈からその本臓の病を診断することができる。

例)

  • 顔に青色、酸味を好む場合は、肝木の病変であることが多い。

  • 顔に赤色、口が苦い場合は心火充盛の病変であることが多い。

  • 顔が黄色のものは脾土の病変であることが多い。

  • 白色のものは肺寒の病変であることが多い。

  • 黒色のものは、腎虚の病変であることが多い。

また、現れてくる他臓の所属する色から五臓の疾病の伝変情報を推測することもできる。 臨床上、脾虚の患者の顔に青色が現われている場合は「土虚木乗」の病変と診断することができ、心の病変がある患者の顔に黒色が現われている場合は「水乗火」(水が火に乗じる)の病変と診断することができる。

人体のすべてにおいても陰陽関係と五行関係は相互に関連しながら、複雑な変化をしつつ進行しているのである。片方だけの学説で結論付けるようなことはしてはならない。疾病というものは非常に複雑であり、変化は無限である。中医学では、この陰陽五行学説を基礎哲学、すなわち、考え方の基準として推し進めている。まず疾病の陰陽の属性を判断し、その陰陽の中から五行で分析し、さらにその五行の中から陰陽を判断する。

>中医学専門用語一覧