陰陽五行論

陰陽五行論

陰陽五行論は中国古代の哲学理論であり、唯物論的弁証法の考え方を備え、古代人の素朴な自然観に基づいて形成された概念である。

 

陰陽五行論は、陰陽と五行の概念によって医学を解釈するものである。生理的には、陰陽で気血 · 臓腑を分け、五行の属性に基づいて五臓を配当し、五行の相生と相克の 関係で五臓の関連性を解釈する。

病理的には、陰陽で寒熱・虚実を分け、五行の相生・相克の関係で五臓の病理的関連性を解釈する。弁証においては陰陽で各種の病証を分析し、治療上は陰陽で薬物の性質・効能などを分析する。

 

陰陽五行論は、陰陽論と五行論の総称である。

これは古代中国哲学の1つであり、古 代中国人が生活の中で自然現象の長期的観察を通じて導き出したものである。当時においては、天文、暦算、地理、農業、医学などの自然科学は、すべてこの学説の影響を受けており、自然界の各種の現象はこの観点で解釈していた。

 

陰陽論では、自然界のいろいろな事物の発生、発展、変化は、その事物の内部に相互対立する陰陽が存在しているからであり、この2方面の相互作用は、事物の運動、変化、発展の内在的な動力であると考えている。

 

五行論では、宇宙間のすべての事物はすべて木、火、土、金、水という5種類の基本物質により構成されていると考えている。さらに五行の生克制化理論を用いて事物の運動、発展の過程における相互関係を説明しており、また、各種の異なる事物の発展の過程における動態的バランスを明らかにしている。

陰陽五行論は、もともと哲学から生まれたものであるが、中医学の理論体系の形成、発展する過程に大きな影響力を持っており、それは、生理、病理、診断、薬物、治療法など中医学すべての過程で考え方の基礎となっており、中医学の基本的な考え方と重要な組成部分となっている。

 

 

陰陽学説

陰陽の元々の意味は、日光に向かっている側を陽、日光に背を向けている側を陰としたというきわめて素朴なものである。陰陽学説は、古人が長期に亘って観察した天地、日月、寒暑、男女、上下、内外、動静といった対立する自然現象から、抽象して得た概念に立脚している。「陰陽は、天地の道なり」<素問・陰陽応象大論>。

 

陰陽学説では、宇宙に存在するすべての事物は陰か陽の属性を持ち、どのような事物の内部にも陰と陽の面があり、これは2つの相互に対立した事物を代表するだけでなく、同一の事物の内部に存在する相互の対立をも代表している。陰陽学説は、世界は物質性を持つ統一体であり、世界そのものが 陰陽という2つの気の対立・統一の結果であると考えている。陰と陽の間には相互依存、相互対立、相互制約、相互転化の関係があるとみなしている 。

 

陰と陽の環境との関わりを表した図

 

活動的なもの、外在するもの、上昇するもの、温熱的なもの、明るいもの、機能的なもの、機能の亢進しているものは、すべて陽に属し、反対に落ち着いていて静かなもの、内在的なもの、下降するもの、寒冷なもの、暗いもの、物質的なもの、機能が減退しているものは、すべて陰に属することがわかる。

陰と陽の異なる特徴を把握すれば、万事万物をこの陰と陽の属性で規定することができる。

 

<陽>体表・背・四肢・上半身、皮毛・腑・気・衛・陽経、興奮・亢進

<陰>体内・胸・躯幹・下半身、筋骨・臓・血・営・陰経、抑制・低下

 

この分類法を病証や脈象の弁別(見分け方)にも用いている。病証については、表証、実証、熱証は陽に、裏証、虚証、寒証は陰に属する。

 

<陽>表証 実証 熱証、浮・数・滑・実・洪大

<陰>裏証 虚証 寒証、沈・遅・渋・虚・細小

 

 

​中医学における陰陽論の応用

陰陽学説では宇宙のすべての事物と現象は、陰と陽の二つの面を含む。

陰と陽との相互に対立し闘争しあい、また相互に資生し依存しあうという関係は、物質世界の基本原則であり、事物が発生し、消滅する原因であると考えている。

陰陽の依存は、また“陰陽互根”ともいい、陰は陽に根ざし、陽は陰に根ざしている。

陰と陽はそれぞれの対立面をもって自己を存在し、単独には存在できない。昼がなければ、夜はなくなり、興奮がなければ、抑制はなくなると同じようである。 陰と陽は相互に対立しあい、相互に資生し、依存しあう。いわゆる対立して統一された一体である。

 

陰陽と身体の種別を表した図

陰陽学説では、陰陽双方が対立・統一による協調関係を持っていることにより、人体の正常な生命活動が行なわれていると考えている。陽に属する機能と陰に属する物質との関係は、対立・統一による協調関係の現われである。

 

人体の各種の機能活動(陽)が営まれるには必ずそれだけの栄養物質(陰)の消費がある。また栄養物質(陰)の生成にはどうしても臓腑の機能活動や一定量のエネルギー(陽)が費やさなければならない。これはまさに陽長陰消(或は陰消陽長)、陰長陽消(或は陽消陰長)の運動変化の過程ということができる。

陰陽と臓腑の関係を陰陽マークに描いた図

薬膳アドバイザーのバナー画像

 

次へ >

1