陰維脈・陽維脈

陰維脈・陽維脈(奇経八脈)

【循行経路】

陰維脈:

下腿内側で足の三陰経が交会する所より起こり、下肢内側に沿って上行し、腹部に至り、そこで足太陰脾経と同行し、脇部に至り、足厥陰肝経と合し、上行して咽喉に至り、任脈と出会う。

 

陽維脈:

外果の下より起こり、足少陽胆経と併行し、下肢外側に沿って上行 し、体幹部の後

外側を経て、腋窩後部から肩に上り、頚部、耳後を経て額部に至り、側頭部及び頚部後面に分布して督脈と出会う。

 

【基本的な作用】

維には、繋ぐ、維持するという意味がある。陰維脈は全身の陰脈を連係させ陽 維脈は全身の陽脈を連係させる。

 

陰維脈・陽維脈の部位を表した図