陰と陽

陰と陽

「陰陽は事物の異なる属性である」という観点で、人体の部位、組織構造、生理的活動などを陰と陽の2つに大別している。

背は陽で腹は陰、六腑は陽で五臓は陰、気は陽で血は陰、興奮は陽で抑制は陰などである。この分類法は病証や脈象の弁別にも用いている。病証については 、表証、実証、熱証は陽に、裏証、虚証、寒証は陰に属する。

 

陰陽可分

すべての事物は陰と陽の属性に分かれ、事物の内部も陰と陽という対立した面に分けることができるので、陰の中をまた陰と陽に、陽の中もまた陰と陽に分けることができる。事物の陰陽属性は絶対的なものではなく、相対的なものであり、ある一定の条件において陰は陽に転化することができ、陽も陰に転化することができ、分かれた陰と陽の中もさらに陰と陽に分けることができるというように、無限に分けて行くことができる。これ を「陰陽可分」という 。

 

昼は陽、夜は陰:

午前は陽の中の陽であり、午後は陽の中の陰と区分さ れる。日没から深夜中までは陰の中の陰であり、深夜中から夜明けまでは陰の中の陽と区分される。このように陰陽の中にさらに陰陽の区分がある。

 

宇宙間のあらゆる事物は、すべて陰と陽に概括することができ、あらゆる事物の内部は、陰と陽の2方面に分けることができる。さらに、1つ1つの事物の陰、或は陽もまた、陰と陽に分けることができる。この陰陽可分の観点が、人体の組織構造、生理的機能 、病理的変化、弁証論治などに広く用いられている 。

 

陰陽の互根互用

陰陽の互根互用とは、陰と陽の間に相互依存、相互資生の関係があることを意味する観点である。陰は陽に、陽は陰に依存することを「陽は陰に根ざし、陰は陽に根ざす」「陽無くして陰生ずるなし、陰無くして陽の化するなし」などと述べている。

陰と陽は、それぞれ単独で存在することはできず、相手側の存在を自身の存在の条件としている 。

 

上は陽で下は陰:

上がなければ下は存在せず、同様に下がなければ上を論じることもできない。

 

熱は陽で寒は陰:

熱がなければ寒もなく 、寒がなければ熱を論じることができない。

陰陽の互根互用関係は、人体においても様々な方面に現れる。

 

臓腑組織の構造と機能との関係:

臓腑組織の構造は陰に属し、生理機能は陽に属している。

この両者には物質と機能との関係があり、互いに根ざしあっている。物質がなければ機能を生じることができず、また機能がなければ物質の形成を促すことができない。

中医学理論では、陰陽の互根互用の観点が広く生理、病理、治療などの面に応用さている。

 

「気はよく血を生ず」

「気はよく血をめぐらす」

「気はよく血を摂す」

「気は血の帥である」

「血は気の母である」

「気は血に随いて脱す」

「血脱はまずその気を益す」

 

気と血の間の相互関係は、陰陽の互根互用を具体的に示している。気と血の属性は、気は陽で血は陰であり、気と血は人体の基本物質を組成している。血は、気が水穀の 精微を運化することにより生成されるので「気はよく血を生ず」と言われ、気の運化効能によって循環するので「気はよく血をめぐらす」と称され、気の固摂作用によって脈管外に 溢出することがないので「気はよく血を摂す」と言われる。

このように、気は生血、行血 、摂血の効能を持つところから「気は血の帥である」と称される。一方、気は血によって十分に栄養を供給 されてはじめて機能するので「気は血に宿る」「血は気の母である」と言われる。このように気と血は互いに根ざしあって助けあっているので、血虚の治療においては、気血双補という治療法をよく用いる。また大出血のときには「気は血に随いて脱す」という状況が生じるので、治療上は「血脱はまずその気を益す」ということが必要であり、気を補うことによって血を生じさせることができる。気虚の治療においては、適当に養血の薬食物を配合すると、気が血の濡養を得ることになり、補気がより有効になる。

疾病の経過に見られる「陽損及陰」や「陰損及陽」も、陰陽の互根互用の具体的な現れである。

例)慢性腎炎は陽虚を呈し、陽虚のために水液を蒸化出来ないので水腫が生じるが、陽虚が一定の程度になると陰液の化生ができなくなり、陰虚の面が現れる。同様に、陰虚の病証でも、陰虚が一定程度に達すると、陽気も不足して陽虚が発生する。

 

例)高血圧症は一般に陰虚陽亢を呈するが、経過が長びいて病状が悪化すると陰陽両虚が現われる。

 

未病治アドバイザーのバナー画像

 

次へ >

1