胃経

胃経(足陽明胃経)

【循行経路】

鼻翼の両側(迎香穴)から起こり、上行して鼻根部に至り、傍らの足太陽経と交会する。下へ向かって鼻の外側に沿って上歯の中に入り、戻って出てきて口唇をめぐり、下に向かいオトガイ唇溝の承漿穴の所で左右が交会する。

再び退いて下顎の後下方に 沿い、下顎の大迎穴に出て、下顎角の頬車に沿って上行し耳前に行く。耳の前から足少陽経の上関を経過し、髪際に沿って前頭部に到達する。

 

【顔面部の支脈】

大迎穴の前から下行し、人迎に行き、喉頭に沿って下行し、後へ向って行き、大椎に至り、それから前へ戻ってきて欠盆に入り、深く体腔に入り、下行して横隔膜を通過し、胃に属し、脾に絡す。

 

【欠盆部の直行脈】

 欠盆から体表に出て、乳頭を経過し、下へ向かって臍の傍ら(両側2寸の所)を挟んで下行し、鼠径部の気街穴に至る。

 

【胃下口部の支脈】

胃の下口幽門の所から分かれ出て、腹腔内に沿って気街穴へ下行し、そこで直行の脈と会合する。ここから下に向い、脾関穴に至り、伏兎穴に達し、さらに下行し、膝蓋骨に至り、腔骨前縁に沿って足背を経過し、足の第二趾の外側端(厲兌穴)に入る。

 

【下腿部の支脈】

膝下三寸の所(足三里)から分かれ出て下行し、足の第三趾の外側端に入る。

 

【足背部の支脈】

足背上の衝陽穴から分かれ、足の母趾の内側端(隠白穴)に入り、足太陰脾経と連接する。

 

〔主な症候〕

腸鳴(お腹がなる)、腹張、水腫、胃痛、嘔吐、空腹しやすい、鼻出血、発熱、咽喉の腫痛、口眼歪斜(顔面神経麻痺)、胸部及び下肢外側の痛み、気が狂う

 

胃経の部位を表した図

胃経の部位を表した図