薬膳

帰経

中医学では人体の幹線を直行する脈を経絡と呼び、経脈と絡脈の二つがある。食材や薬物は、体内に取り入れた後、これらの経絡に入って運ばれ、臓腑の各部分で効果を発揮すると考えられている。 食材が人体のどこに薬効があるのかを示すのが帰経である。

例えば、寒性の食材は清熱作用をもっているが、経脈の中でも肺系に入って効果を発揮すると考えられている。人体の内外、表裏は経絡で通じているため、内臓に何か疾患があると体表に反応が現れる。互いの関係については中医学の陰陽五行学論によって説明され、薬膳の効果を期待するためにはこれらの知識は不可欠である。

 

 

効果がある身体の部位による分類

心経

緑豆・あずき・西瓜・小麦・酒・なまこ・納豆・椎茸・昆布など

肝経

バター・しじみ・いか・トマト・キウイ・いちご・檸檬・桃など

脾経

春菊・きくらげ・そば・大豆・芋・レンコン・さんま・はとむぎなど

肺経

キャベツ・にら・くるみ・びわ・紅花・小松菜・ピーマン・みかんなど

腎経

大麦・豆腐・豚肉・にら・豚足・ピータン・スッポン・なまこなど

胃経

さとうきび・白菜・きゅうり・ほうれんそう・じゃがいも・牛乳など

膀胱経

ナタマメ・トウモロコシ・冬瓜・西瓜など

大腸経

バナナ・胡椒・いちぢく・そば・なず・塩・たけのこ・ニガウリなど

小腸経

塩・あずき・冬瓜・キュウリ・ヤギのミルクなど

 

多種類の果物と野菜が並んでいる写真

 

薬膳アドバイザー 養成講座

次へ >

5