薬膳

薬膳とは

人類が生きていくために食物を求め、身体で覚えた「美味しい」という経験と、中毒になった経験を積み重ねて、食材と薬草の知識を習得しました。

数千年の歴史を経て「薬食同源」「医食同源」の思想が生まれ、それにより中医薬学が発生・発展し今日に至るまで一貫して伝承されてきました。中医学で人体は、自然界の変化の影響を受け、体の陰陽のバランスが崩れると病になると考えられてきました。

これらのバランスを調えるために、毎日の食生活を通じて行う飲食療法を「食療」または「食治」ともいわれ、これを現代では「薬膳」といいます。

 

現代では予防医学・健康志向により「薬膳」が食の世界に広まりつつあります。私たちが生活している地球上にある自然の資源は私たちに豊かな食物を提供してくれます。その中で美味しくて、口当たりもよく、営養のあるものが「食材」となり、それに関する学問を「食材学」といいます。

中医学理論に基づいて使用されるものが「中薬」となり、治療作用を持ち、それらに関する学問を「中薬学」と言い、食用と薬用の両方に使用できるものを「食薬」と言います。

 

薬膳は中医学の理論を基に成り立つものであり、中医学を無視したものは薬膳とはいえません。

薬膳とは「中医学理論の指導のもとで、中薬(中医学で用いる薬物の総称)と食物を配合し、伝統的飲食調理技術と現代的加工方法を用い、色・香・味・形の全てによく、保健と治療に効果の ある食療食品、料理の総称」とされている。

そしてその目的は「食品の性質と成分を応用し、一定の臓腑に作用し、気血を調和し、陰陽を平衡し、疾病の予防や健身延年を目指すもの」です。

薬膳に使用する食材は、中医学の理論に基づいて分類され、個人の健康状態の診断も「証」という概念で分類され、これらを基にその人に合った食材が選ばれます。

「証」とは、その人が現している症状や臨床所見を中医学的観点で総合的に評価した診断名のことであり、中医学独自の概念です。薬膳は摂取する人の体の状態をよく知り、効果的な食材の組合わせを理解することが重要であり、食材と人の関係は中医学の真髄です。

 

薬膳で最も重要なことは「美味しくなくてはならない」ということです。

調理したものを目で見て、鼻で嗅ぎ、舌で味わって美味しく感じることです。 食を五感で感じることは、医学的にも重要な意義があり、五感が刺激されることで消化酵素の分泌が高まります。「美味しいこと」のもう一つの意義は、その食を日常化できることです。保健養生の薬膳は栄養学的効果を目指しているため、1食のみのイベント的なものではなく、毎日摂れる食であることが大切です。

次へ >

1