薬膳アドバイザー

食べる医学

私たちの心身を形成し、生命の維持には“食べる”ことが必須となります。

中医学では古くから食もは全て薬「薬食同源」と考えられてきました。この食べる医学には二つの学問があります。一つは、食物が有する栄養成分とカロリー(現代栄養学)、もう一つは、食物が持つ特性と薬効性(中医栄養学)。中医学基礎理論を基に食生活の基本である季節・季候・環境・感情・身体の状態などに合わせた中医薬膳としての食の取り方を学びます。

“薬膳”といえば中華料理の薬っぽいもの、薬草っぽいもの、体を温めるもの…と感じられがちです。さらに街中でよく見かける「薬膳◯◯」という、そもそも個々の状態に合わせた食のはずが、いつのまにやら食材が薬膳となってしまっていることを売りにする飲食店。例えば体が冷えてしまう人には温めるものが必要になりますが、火照ってしまう人に温まるものは逆効果となってしまいます。

本当の中医薬膳とは?

薬膳とは、保健・疾病予防・治療をする等の作用を持ち、色・香味・形・効果などに優れ、満足感があり、美味しい膳食です。薬膳は中医学基礎理論に基づき、方剤の処方と同じように一定のルールに従って、目的に合わせ、足らない物を補い、いらない物を除き、心身と環境を調和させ、体質や症状、体調、季節などに合わせて作るオーダーメードのおいしく調理した食事のことです。食材にはそれぞれ身体に効果がある成分が含まれており、食べる人の体質や状態、季候などを考慮して食べれば、健康の維持増進や病気の予防に役に立つとの考え方です。

居酒屋でも、コンビニでも、イタリアン、フレンチ、お寿司、中華…全ての食が薬膳の知識を得ることによって今の身体の状態に適した食をアドバイスすることができるようになります。

薬膳の効能

​中医薬膳で食はカラダを形成する栄養はもとより、感情(精神)、内臓機能、運動機能に大きな影響を及ぼし、さらに物質的な観点とは別に、補気(エネルギーを補う)、理気(気の流れをよくする)、造血作用、体内の水の流れにアプローチする作用など、人体の健康バランスを見るための中医学の基礎である「気」「血」「水」の調整をします。食の“味”による観点、“温度”(温めるor冷やす)の観点、“性質”(働き)による観点の3方向から、個人の状態に合わした食の組み立てをすることを『薬膳』と言います。それには、中医基礎理論と弁証論治によって人体の状態を見ることが必要となります。当協会の《薬膳アドバイザー》はそれは簡潔に、だれでも習慣化できる食べ方の基礎を学び、様々な料理の上での薬膳アドバイスを行うことができます。

 

食源病は食材のみに非ず

物質世界の現代医学での研究では、食材に含まれる物質が人間の身体にどう影響するかを主に考えられている。身体へ悪影響のあるものは食さず、良い影響の食材を食すことによって病の予防をする。中医薬膳では季節・気候・体質・状態によって味や色、温度(温める~冷やす)や効果をもって個々に処方する。この両方ともは必ず学び、研究し続け、実践すべきことだが、これで本当に病が根絶されるのか?

食の問題は大きく3つあります。
1)食べ方
速度、1度に口に入れる量、姿勢

2)食べるタイミング
就寝前何時間前?就業前何分前?
行動・活動前の時間

3)食材と量
その食材欲する原因となる心理、
ストレス、季節、気候、身体の状態

美味しく食すとは、時間・空間・会話・人・味・食材などが組み合わさったもの。短時間で食べなければならない状況や、肉体的・精神的ストレスが加わった後の心理状況、そして生活リズムの中で食を摂取する時間帯などが、内臓への負担、栄養吸収、心身の癒しに大きく関係する。いくら良い食材を食しても他の食す速度が速かったり、就寝直前だったりすると、健康を害す原因となります。

食は心と関係する
心の状態や気温や湿度によって自然と体が欲するものが、今の自分自身に必要な食材と味、量です。その食材を選択した後、食し方をどれだけ穏やかに、楽しみながら、消化を助け内臓への負担のないようなタイミングで食すかが重要になります。食源病という食が源(みなもと)という所以は、現代栄養学、物質学、中医学薬膳を基礎とし、加えて、食のマナーや生活習慣全体までも考えるべきものです。

講 座:薬膳アドバイザー

受講料:43,000円(税別)→割引キャンペーン 39,800円(税別)(テキスト代、認定料込)

 

お申込みまでの流れ
1)お申込みフォームの送信
2)お申込みのご確認(日程・会場)
3)受講料ご請求
4)お支払い → お申込みの確定
※お申込み後1週間以内の受講料のお支払いとなります。
​※入金確認をもちまして正式なお申し込みとなります。
※銀行振込、クレジットカード決済及びクレジットによる分割可。
※クレジットカード分割払い:
一括支払い決済後クレジットカード会社へ連絡し、分割支払いへの変更をして下さい。