動悸(心悸)

動悸(心悸)

心悸とは、動悸不安を自覚するもので、甚だしい場合は自身で制御できない病症である。胸悶、不眠、健忘、眩暈、耳鳴を伴うことが多い。心悸の軽症のものは驚悸、重症のものは怔忡とされる。

 

動悸(心悸)の原因を表した図

 

不整脈・心不全の心悸亢進など、器質性心疾患及び機能性心疾患に伴う動悸、自律神経失調症における動悸などの治療には本証を参照する。

 

動悸(心悸)の原因を表した図

 

<弁証論治>

1.心虚胆怯

【症状】心悸、易驚(驚きやすい)、常時の不安感、不眠多夢。舌苔は薄白である。

 

【証候分析】易驚で気機逆乱、心神不主のため、心悸をみる。心不蔵神のため、不安感、不眠多夢をみる。脈が虚数あるいは結代は心神不安、気血逆乱の証候である。

 

【治法】鎮驚定志、養心安神。

 

2.心血不足

【症状】心悸、眩暈、顔色不華、倦怠無力。 舌質は淡紅、脈は細弱である。

 

【証候分析】心は血脈を主る。心血不足、顔色不華、心を獲わないため、心悸がみられる。心血虧虚、脳失所養のため、眩暈をみる。 血虧気虚のため、倦怠無力が見られる。舌質が淡紅、脈が細弱は心血不足の証候である。

 

【治法】補血養心、益気安神。

 

3.陰虚火旺

【症状】心悸不安、心煩、不眠、眩暈、五心煩熱、耳鳴、腰酸。舌質は赤、少苔、あるいは無苔、脈は細数である。

 

【証候分析】腎陰不足、水火不済、心火内動、心神擾乱のため、心悸、心煩、不眠をみる。腎陰虧虚のため、腰酸が見られる。陽亢上擾のため、目眩、耳鳴をみる。手足心熱、舌質が赤、脈が細数は陰虚火旺の証候である。

 

【治法】  滋陰清火 、養心安神。

 

4.心陽不振

【症状】心悸不安、胸悶気短、顔色蒼白、寒がり、四肢の冷え。舌質は淡白、脈は虚弱あるいは沈細数である。

 

【証候分析】経過・病程が長くなると体が衰弱し、心陽損傷、心失温養のため、心悸不安をみる。胸陽不足のため、胸悶気短が見られる。心陽衰弱、血行不暢、温煦不能のため、寒がり、四肢の冷え、顔色蒼白が見られる。舌質が淡白、脈が虚弱あるいは沈細数は心陽不足、鼓動無力の証候である。

 

【治法】温補心陽、安神定悸。

 

5.水飲凌心

【症状】心悸目眩、胸脘痞満、寒がり、四肢の冷え、小便量少、下肢浮腫、口渇不欲飲、吐き気、涎沫を吐く。舌苔は白滑、脈は弦滑である。

 

【証候分析】水は陰邪であり、陽気不足、化水不能、水邪内停のため、心悸をみる。陽気不足、温煦不能のため、寒がり、四肢の冷えをみる。水飲中阻、清陽不昇のため、目眩をみる。 気機不利のため、胸脘痞満を起こす。気化不利、水液内停のため、口渇不欲飲、小便量少、あるいは下肢浮腫をみる。飲邪上逆のため、吐き気、涎沫を吐く。苔が白滑、脈が弦滑は水飲内停の 証候である。

 

【治法】振奮心陽、化気行水。

 

6.心血瘀阻

【症状】心悸不安、胸悶不適、時に心痛発作、唇、指爪が青紫。舌質は紫暗、瘀斑、脈は渋あるいは結代である。

 

【証候分析】心脈瘀阻、心失濡養のため、心悸不安がみられる。血瘀気滞、心陽抑制のため、胸悶不適が見られる。心絡攣急のため、心痛発作をみる。脈絡瘀阻のため、唇、指爪の青紫が見られる。舌質が紫暗あるいは瘀斑、脈が渋あるいは結代は瘀血蓄積、心陽阻遏の証候である。

 

【治法】活血化瘀、理気通絡。