中医学の「心」

心は、古くより、「心は五臓の首」「君主の官」といわれるように、五臓の中で首席に位するほど重要な臓器である。

 

位置と形態:

胸腔内にあり、横隔膜の上に位置する。桃の形をしていて心包がそれを守っている。

 

 

主な生理機能:

血脈を主る 。

神志を主る。(心は神(精神)を宿る所である)

 

 

五志、五液、五体、五華、五薮 との連係:

その志は喜、汗を液とし、体は脈に合し、その華は顔面にあり、舌に開竅する。

 

 

経脈の属絡関係:

手少陰心経と手太陽小腸経は、心と小腸で属絡の関係があるので、心と小腸は表裏と なっている 。

 

 

心の生理機能

血脈を主る(血の管理と脈の管理)

心と血管は直接連絡し、脈管は血液を運行する管道である。「心は血脈を主る」とは、心気の推進作用によって血液が脈中に運行され、身体各部位を滋養するという心の機能を指すものである。

 

血脈を主るという心の機能は、心気の作用により行われている。この心気が旺盛であれば、血液はたえまなく脈管中を運行し、血中の栄養物質は臓腑、組織器官及び四肢百骸にうまく輸送される。心の機能に異常が発生すれば、血液循環に変化をきたし、脈管の充満度、心拍の数、リズムもそれぞれ変化する。

 

 

神志を主る

いわゆる神志は精神意識、思惟活動及び生命活動能力の総合を指している。現代医学的には大脳の機能に相当するが、古人はこれらは心から産出されるとみており、心は「蔵神」(神をためる)、または「主神明」(神明を主る)ともいわれる。したがって中医学ではこの機能を五臓に分属させており、特に心との関係が密接であると認識している 。

 

「神」には広義と狭義の意味がある。広義の「神」とは、人体の生命活動の外的な現れを指している。人体の形象及び顔色、目つき、言語の応答、身体の動きの状態などは、すべてこの広義の「神」の範囲に属する。また狭義の「神」とは、精神、意識、思考活動 を指している。これはすなわち心が主宰している神志のことであり、中枢神経活動と理解していただければ納得しやすい。この精神、意識、思考活動は、人体の生理機能の重要な構成内容であるが、これらは一定の条件下では、人体の各方面における生理機能のバランスに影響を与えることがある。

 

心の生理的機能が正常で気血が充足しておけば、精神は充実し、意識や思考もしっかりし、物事に対する反応も速い。心に病変が生じると、精神や意識、思考活動にも異常が起こり、焦躁感(心煩)、驚きやすく動悸する(驚悸)、不眠、多夢などの心神不寧の症候が現われ、さらに進むと、うわごとをいったり、狂躁の状態になることがある。或いは反応が鈍くなったり、健忘、精神萎靡となったりすることもある。重篤な場合は、昏睡 、昏迷、認知障害などの精神異常の症状が発生する 。

 

「心は神志を主る」という機能と「心は血脈を主る」という機能の両者の間も関連しあっており、それを分けて考えることはできない。血液は精神活動の物質的基礎であ り、精神活動は血液の循環に関与し影響する。心に血脈を主るという機能があるから こそ、心は神志を主ることができるのである。

心の「血脈を主る」という機能に異常が生じると、神志面での変化が起こりやすい。 例えば、血液不足すると、心神不安を引き起し、心神不安があると、血行障害が起こりやすい。また心陰不足には動悸などの症候があるほか、不眠、多夢の症候も現われる 。

 

喜は心の志

「喜は心の志」とは、心の生理機能と精神情緒の「喜」との関係をいっているものである。蔵象学説では、喜、怒、憂、思、恐を五志と称しており、これらはそれぞれ五臓と関係があり、五臓に配属する。五志とは、外界の事物より起こる精神情緒の変化のことであり、これは五臓の生理機能により起こると考えられている。

 

「喜」は人体にとって良性の刺激であり、これは心の「血脈を主る」などの生理機能に対してプラスに作用する。しかし、これが過度になると、かえって心神を損傷することになる。これは「喜傷心」といわれている 。

 

一方、心の「神志を主る」生理機能には過度と不足がある。興奪し過ぎて喜びが過度になると、笑いが止まらなくなることがある。またこの機能が低下し過ぎると、ちょ っとしたことでもすぐ悲しくなる。ただし、心は神明の主であるので、過度の「喜」によって心の損傷が起こるだけでなく、過度の五志の変化によって心神を損傷するすることもある。

 

気功師 養成講座

 

次へ >

1