五行

五行

五行と五臓の生理機能と相互関係

人体の内臓の機能を、自然界の季節、気候などと関連づけ、五行の抽象化した属性を運用して、五行に分類し法則によって導きだす。

 

<肝>

特性:「条達を喜び、抑鬱をきらい、疏泄という機能があり、昇発」

春に草木が萌芽(ほうが)し、発育する現象に似ており、春は五行の木に属するので、肝の系統を「木」に分類した。

 

<心>

特性:「血脈を主り、気血の運行を推進して全身を温養する」

夏は気候が炎熱で万物が生長するという現象に似ており、夏は五行の火に属するので、心の系統を「火」に分類した。

 

<脾>

特性:「水穀の精微の運化を主り、気血を生化する源」

長夏は気候が潮湿(湿っぽい)になり、万物が繁茂(はんも)するという現象に似ており、長夏は五行の土に属するので、脾の系統を「土」に分類した 。

 

<肺>

特性:「粛降を主り、清粛、収斂」

秋は気候が清粛で万物が収斂するという現象に似ており、秋は五行の金に属するので、肺の系統を「金」に分類した。

 

<腎>

特性:「水を主 り、精を蔵する」

冬は水寒で氷結し万物が収蔵するという現象に似ており、冬は五行の水に属するので、腎の系統を「水」に分類した。

 

 

五臓系統の構造

肝の系統:肝→胆→筋→目→爪

心の系統:心→小腸→血脈→舌→顔面

脾の系統:脾→胃→肉→口→唇

肺の系統:肺→大腸→皮→鼻→毛

腎の系統:腎→暴行→骨髄→ 耳→髪

     ↓

     脳、女子胞(奇恒の腑)

 

ただし、五行の特性による臓腑機能の解釈にも一定の根拠はあったが、中医学が数千年の経過で発展する中で、五臓の生理的特徴についての認識は五行の特性の範囲をはるかに超えてしまっている。

 

の生理的特徴は「動を主り、昇を主り、条達を喜ぶ 」という肝陽の機能だけでなく、肝陰、肝血の濡養作用を含んでいるが、これは「木」という 特性では包括できない。

 

の生理的特徴は、温熱、興奮という心陽の機能だけでなく、心陰の滋養、安静の作用もあり、これは「火」の特性とは合わない。

 

胃の生理的特徴は、運化だけでなく、昇発と通降の作用もあり、昇発、通降の作用は「土」の特性とは符合しない。

 

の生理的特徴は、清粛だけでなく、宣散の作用もあり、宣散は「金」の特性と合致 しない。

 

の生理的特徴は「水を主り、精を蔵す」だけではなく、温照と 推進という腎陽の作用もあり、これは「水」の特性には包括できない。

 

このように五行学説には理論上の不備がある。

 

木火土金水を表した図

 

相生と相克

五行相生

木生火、火生土、土生金、金生水、水生木であり、これが無限に循環する。

「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず」という関係を『五行相生』という。

 

木は燃えて火になり、火が燃えたあとには灰(=土)が生じ、土が集まって山となった場所からは鉱物(金)が産出し、金は腐食して水に帰り、水は木を生長させる、という具合に木→火→土→金→水→木の順に相手を強める影響をもたらすということが「五行相生」である。

 

 

五行相克

木克土、土克水、水克火、火克金、金克木であり、これが無限に循環する。五行の生克関係においては「我を生む」「我が生む」「我に克す」「我が克す」という4つの関係がある。

 

「水は火に勝(克)ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ」という関係を『五行相克』という。

水は火を消し、火は金を溶かし、金でできた刃物は木を切り倒し、木は土を押しのけて生長し、土は水の流れをせき止める、という具合に、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水に影響を与え、弱めるということが「五行相克」である。

 

我を生むものは、我の「母」であり、我が生むものは我の「子」である。

木を例にすると、木を生んだ水は木の母であり、木が生んだ火は木の子である。このため相生関係を母子関係ともいう。

 

「我が克す」ものは我が「勝てる」ものであり「我を克す」ものは我が「勝てない」ものである。木を例にすると、木は土を克すが、これは木が勝てるものであり、また木は金に克されるので、これは木が勝てないものということになる。

 

事物には必ず相生と相克があり、相生の中には相克があり、相克の中にも相生がある。相生だけがあり、相克がなければ「太過(亢進)」をまねき、この場合は正常な協調関係のもとでの変化と発展を維持することはできなくなる。 また、相克だけがあり、相生がなければ、事物の発生と生長は起こらない。

「生」の中に「制」があり 、「制」の中に「生」があることにより、相互の協調関係は維持され、事物の絶え間ない生化(発生と変化)を保証することができる。このような相互資生、相互制約には、相生と相克の協調関係が必要である。これは「制化法則」といわれている。

 

 

五行の相乗と相侮

五行の「相乗」と「相侮」は実際は異常な状況で生じる「相克」の現象である。中医学では病理的な現象の解釈にこの観点を用いている。

 

相乗:

乗とは、強者が弱者を凌駕することであり、虚に乗じて侵襲するということである。 相乗とは二つの状況がある。

  • 五行のどれか一行が強過ぎて克される一行を制し過ぎて、その一行が虚になる。

例)木が強過ぎて、土を克し過ぎ、土が不足になる。「木乗土」(木は土に乗じる)。

 

  • 五行のうちのどれか一行の不足(衰弱)が あると、元来はそれを克する関係にある一行が虚につけこんで侵襲(乗)し、それをさらに不足させることを意味する。

例)木はもともと土を克する関係にあるが、土が不足すると木が虚につけこんで土に乗じ、土を克してさらに不足させる。「土虚木乗」(木は土虚に乗じて侵襲する)。

 

五行を五蔵に配合すると、上の例は次のようになる。 肝はもともと脾を克する関係に あるが、脾自体が虚すと肝が虚に乗じて脾を克し、脾がさらに虚す。「相克」と「相乗」には違いがあり、相克は正常状態での制約関係を、相乗は異常状態での制約関係を意味する。

 

 

相侮:

侮とは、侮ることである。相侮とは、二つの状況がある。

  • 五行のどれか一行が不足して克するべき一行を制することができなく、逆に克される ことになる。

例)金自身が不足すると、木を克することができなくなり、逆に木に克され、それを「金虚木侮」(木は金虚に乗じて侮る)という。

 

五行のうちどれか一行が強盛になりすぎる(太過)と、元来それを克する関係にある一行が、それを制約することができないだけでなく、それによって逆に克され、制約を受けることを指す。

例)金はもともと木を克す関係にあるが、木が強盛になりすぎると、金は木を克することができないだけでなく、逆に木によ って克されて損傷を受ける。それを「木侮金」(木は金を侮る)という。

 

五臓に関して言うと、肺はもともと 肝を克する関係にあるが 、肝が強盛になりすぎると、肺が肝を克することができないだけでなく、肝によって克され、肺に病変が発生する。この「相侮」のことを「反侮」とか「反克」とも称する。

相乗と相侮は、区別もあるが連絡もしている。この区別は、相乗では五行の相克の順序に過剰な抑制がおこるのに対し、相侮では五行の相克とは逆の順序に反克現象がおこることにある。また相乗がおこると同時に相侮がおこることがあり、相侮がおこると同時に相乗がおこることも ある。

例)木が亢進すると、土に乗じ、また金を侮ることもある。金が虚すと、木の反侮を受けることがあり、さらに火に乗じられることもある。相乗と相侮には、このような密接な関係がある。

次へ >

1