推拿(すいな)

推拿(すいな)

推拿とは

 

推拿とは、古典医学書にも見える二千年来の歴史を持つ中国伝統の医療法です。

 

長年の臨床と研究を経て、現在も中国の病院で用いられています。中国の病院には外科や内科などと並んで推拿科があり、コリや痛みはもとより体の不調全般にわたる治療や半身不随者のリハビリなどを行っています。

 

「推・拿」(tui・na)と「按・摩」(an・mo)

中国語で「推」は、”押す”という意味があります。ドアを押し開けるときに推という漢字を使います。

「拿」は”つかむ” とか”持つ”という意味です。「按」ですが、これは”軽く押す”という意味です。

「摩」は”こする”という意味です。

 

推拿は昔、按摩・按践・按撫などと言われていました。推拿と言う名前は、明の時代に初めて出てきたもので《小児推拿秘訣》などの中で、按摩から推拿へと変わっていき、この名前の変革につれて療法の発展、及び手技に対する認識の度合いが記述されています。

按摩療法は少数の疾病の治療に使われていたにすぎず、手技の種類も極めて少なく、良く使われていた技は「按」と「摩」の二つの手技だけでした。

 

按法は単純に下に向けて力を入れるだけであって「按而留之」のことです。

摩法は、体表に円を描きながら水平に掌を動かす方法だけでした。

その後、治療分野の拡大に従って、手技も発展し、次第に現代のものに変化していき、技法の分類も合理的になり、その適応症も増えていきました。

 

按摩から推拿へと名前が変わっていった過程には、中国先人達の並々ならぬ治療臨床の努力がありました。

推拿は、人類の最古の手技療法であり、将来に技法発展の余地を残す医療科学です。人類は古い昔から按摩のもたらす良い効果作用を認識しており、医療実践を繰り返し技法の研究を重ね、次第に推拿の治療体系が形成されていきました。

推拿の考え方の根底には中医学理論が流れており、中医学理論に基づく、臨床実践を数多くこなし、当時の哲学を基にして作り上げられました。

 

推拿は中医学の理論体型を作っていく過程で、数多くの臨床経験を累積し、中医理論体系確立に貢献しているといえます。

中医学を基礎にした推拿は、長い間現在に至るまで多くの人々に研究され、臨床実践され、 益々発展しています。推拿は医療学科の一つなので、推拿施術師は必要な中医学基礎理論及び、疾病の発生、発展の規則を熟知していなければなりません。また、手技の操作方法や基本作用も学ばなくてはならず、実践経験の累積、手技の基本鍛練と臨床実践に邁進して、多くの人々に喜ばれる、たゆまいない努力が必要となります。

次へ >

1