督脈

督脈(奇経八脈)

【循行経路】

胞中(骨盤腔内の内生殖器)より起こり、下がって会陰に出、背部正中線を上行し尾 底部、腰部、背部、項部を経て 、風府穴に至り、脳内に入り脳に属し、頭部の正中線に 沿って項部から、頭頂部、額部、鼻部、上口唇を経て 、上口唇内部の唇小帯に至る。

 

【支脈】

脊柱裏面から分かれ、腎に絡す。

 

【支脈】

少腹内から分かれ出て、直行して臍の中央をつらぬき、上って心を貫き、さらに喉部に至り、上行して下顎部に至り、口唇の周りをめぐり、上に向かって両眼下部の中央に至る。

 

【基本的な作用】

督には、総督、統率の意味がある。「陽脈の海」である。六本の陽経は大椎で督脈と交会するので、督脈は陽経に対し調節作用 をもち「一身の陽経を総督する」と称される。

督脈は脳に属し、腎に絡し、腎は髄を生じ、脳は髄の海であるから、督脈は脳、脊髄の生理、 病理を基本的に反映するとともに、脳、脊髄と内生殖器を連係させている。

 

督脈の部位を表した図

督脈の部位を表した図