胆経

胆経(足少陽胆経)

【循行経路】

眼の外眼角(瞳子髎膠穴)から起こり、上って頭角(領厭穴)に至り、再び下に向 かって耳の後(完骨穴)に行き、また引き返して上行し、額部を経て眉毛の上(陽白穴)に至り、また引き返して風池穴に至り、頚に沿って下行し肩に至り、左右が大椎穴で交会し、それから前へ行き、欠盆に入る。

 

【耳部の支脈】

耳の後から耳中に入り、また出て耳の前に行き、眼の外眼角の後方に至る。

 

【外眼角部の支脈】

眼角から分かれて下へ向い、大迎穴に達し、手少腸経が面頬部に分布している支脈と会合した後、眼窩の下に達する。下に向って下顎角部を経て頚部に至り、前述の支脈と欠盆で会合する。それから下へ向い胸中に入り、横隔膜を通過して、肝に絡し、胆に属す。さらに脇肋内に沿って少腹両側の気街に出て、外陰部の毛際をめぐり、横へ向い股関節の中に入る。

 

【欠盆部の直行脈】

欠盆から下行して腋に至り、側胸部に沿って季肋部を経て、下に向い環跳穴に至り、前の脈と合流し、再び下に向い大腿の外側に沿って、膝関節外側に出て、下へ向かっ て排骨前面 を経て 、そのまま下へ排骨下端に達する。 再び下へ向い外果の前面に至り、足背部に沿って、足の第4趾の外側端(荻陰穴)に入る。

 

【足背部の支脈】

足背(臨泣穴)から分かれ出て、第1・2中足骨の間に沿って、第1趾の末端に出て、爪甲を貫き、第1 趾の爪甲の後方の毫毛に至り、足厥陰肝経と連接する。

 

〔主な症候〕

頭痛、目尻の疼痛、顎痛、目がかすみ口が苦い、欠盆部(鎖骨上部あたり)の腫痛、胸・季肋部、鼠蹊部及び下肢外側の疼痛

 

胆経の部位を表した図

胆経の部位を表した図