女性がマッサージを受けている写真

私が思うすいな(推拿)の一番すごいところ

すいな受講生の嬉しい声

中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

私が思うすいな(推拿)の一番すごいところ

わたしがすいな(推拿)施術を学んだきっかけは

何か新しいことに始めたくて、誰かの役に立ちたいと思い

中村元鴻(なかむらげんこう)先生の講座を受けました!

すいな(推拿)を学びはじめ、

練習を重ねていると、あることに気がつきました。

自分の“感覚”が研ぎ澄まされてくるんです!

施術している手から伝わる

“熱”なのか“気”なのか。皮膚の下の細かい筋繊維の感覚から

「ここが原因なんだな」っていうのがわかるようになってきます。

中医学はある一箇所に疲れが溜まっていると

そこに原因があるのではなく、

関係する経絡上にある他の部分から原因を診ます。

例えば、右の腰に痛みを感じている方。

睡眠不足やストレスが原因の方は

心臓がある身体の左側に疲れが溜まっています。

そして、普段の姿勢や筋肉のバランスにより、

左の膝の裏やふくらはぎの外側に特に負担がかかます。

その負荷をかばいバランスを取ろうとするため

右の足から順に腰にきている方が

多くいらっしゃいます。

そのため、右の腰を施術するのではなく

左半身を施術し、血の巡りを良くするこで

改善します。

このようなことが、

カンセリングから、身体に触れた時に

わかるようなるんです!!

“手から伝わる感覚を研ぎ澄ます”

すいな(推拿)のすごいところ

はここにあると思います!

中村元鴻先生にようにな施術師になれるよう

日々練習中です!

お客様に

「見つけられた!」

と言われた時はなんだかうれしくなります!

元鴻先生から学べて本当に良かったです!

【JSP|日本すいな普及推進会】
▶︎https://suina.jp

【ウェルネスすいな】
▶︎https://suina.jp/wellness-suina/

【すいな施術師】
▶︎https://suina.jp/suina-training-course/

「すいな施術を受けてみて」
▶︎https://suina.jp/category/impressions-suina/

「受講生の声」
▶︎https://suina.jp/category/feedback-from-students/

>中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

三大伝統中医学の一つ、推拿(すいな)の第一人者であり、生活習慣病の早期発見と回復を多く手掛け、自然治癒力、自己回復力を活性化する最高峰の手技療法を世界中で広く普及し多くの生徒を輩出。 一般社団法人国際伝統中医学協会の代表理事としても活動し、日本における、現代人のための中医学教育の第一人者として、医師、薬剤師、セラピストなどの健康のプロに対して、中医学観点からの健康管理法を教育してきた。また医療健康のプロフェッショナルだけでなく専門用語を使わない分かりやすい指導方法や、 豊富な臨床実績をベースにした、生活習慣病、 婦人病や中医学の専門的な診断法である舌診などのセミナーなどを行い、健康に敏感な一般層からも高い人気を集める。60,000人以上の診断実績と、3,000人以上の中医学教育指導実績で、医療関係、専門家などから多くの支持を得ている。