水不涵木(すいふかんもく)

水は腎、涵は滋潤、木は肝をさす。腎陰が肝を滋養できないため、病変が生じること。

中医学専門用語一覧