気血水の「水」

水(津液)

水(津液)の概念

水(津液)とは、体内のすべての正常な水液の総称であり、人体を構成し人体の生命活動を維持する基本的物質である。

中医学で身体を形成している血以外の全ての液体のことを「津液」という。経脈のなかを循行している血液成分、細胞内液、組織間隙に存在している水液、また唾液、胃液、腸液など分泌される水分及び涙、悌(はなみず)、汗、尿などもこれに含まれる。その中の性状が稀薄で比較的流動性が大きく、皮膚、肌肉、孔竅の中に布散して滋潤作用を果たしているものを「津」、性状が比較的濃厚で流動性が小さく、骨節、臓腑、脳髄の中に灌注し濡養作用を果たしているものを「液」と呼び、合せて「津液」と呼んでいる。

 

 

津液の生成、輸布及び排泄

肺、腎、脾、三焦、膀胱など多数の臓腑の協同作用により、津液の生成、輸布及び排泄が完成されている。津液は水穀の精微が化生したものである。飲食物は胃の受納、消化を経て、小腸で清濁が分別される。

 

  • 脾気の運化作用

  • 肺気の宣発・粛降作用

  • 三焦の通調作用

  • 腎気の蒸化及び排泄作用

 

これら一連の気化作用により始めて津液が形成される。そして津液が肺の気化作用によって五臓六腑、四肢百骸に輸布され、全身を滋養するように働く。代謝後の廃液は汗と尿になって排泄される。

このようにして、津液は体内水液のバランスを維持している。津液の生成、輸布、排泄という一連の過程は、実に複雑であり、多くの臓腑の協同作用の結果行われているのである。なかでも特に重要なのは肺、脾、腎の3臓である。

 

津液の生成、吸収、輸布には、胃の受納と脾の運化が密接に関与している。津液を全身に散布し、肌膚、皮毛を潤沢にし、汗や尿を化成するのは、肺の宣発と粛降が強い関連性を持つ。

肺は「水の上源」「水道を通調する」といわれるのは、このためである。津液の生成と代謝の過程では、腎の作用が最も重要である。

 

なぜなら、胃の受納、脾の運化、肺の宣散と粛降には、腎気によ る温煦と推進が不可欠であり、尿の生成、排泄し体内の水液を正常に代謝するには、腎の「気化」の機能が必要であるからである。

腎が「水臓」「一身の水液を主る」と称されるのは、この理由によるもので ある。肺、脾胃、腎はそれぞれ上、中、下の三焦に属しているので、古人は体内の津液の昇降出入の通路を「三焦」としてとらえ、津液の生成、輸布、排泄という 代謝の過程を「三焦気化」と言っている。

 

様々な臓腑の病変が津液の生成、輸布、排泄に影響を与える。また津液の生成不足、或いは喪失過多になると、傷津、脱液の病証が現れ、輸布が傷害されて水液が停滞すると、痰飲や水腫が起こる。こうした津液の病変は、また多くの臓腑の機能に影響を及ぼすことになる。

 

水飲が心に影響すると、動悸がおこる。

水飲が肺に影響すると、喘咳がおこる。

津液が損傷して肺が  乾燥すると 、咳がおこ る。

津液が損傷して胃が 乾燥すると 、口渇がおこる。

津液が損傷して腸が  乾燥すると、便秘がおこる。

 

 

津液の作用

滋潤と滋養作用

津液には、滋潤滋養作用がある。体表に散布する津液は、皮毛や肌膚を滋潤し、体内にある津液は臓腑を滋養している。また孔竅に入る津液(涙、悌、唾液など)は眼、鼻、口などの孔竅を滋潤し、関節に入る津液は、関節の動きを滑らかにし、骨髄に入る津液は、骨髄と脳髄を滋潤している。

 

 

血液の化成

津液は脈外を流れるだけでなく、しばしば脈中に入り血液になる。血液中に絶えず水分を補充し、血液が適当な粘桐度をもって順調に全身を循環するようにしている。したがって、津液は血液の組成部分でもある。

 

 

老廃物の運輸

津液代謝の過程において、各部位の代謝産物を集めて脈内(血液)、或いは脈外の通路を通し関連する排泄器官に運び、絶えることなくその老廃物を体外に排出することにより、各組織器官の生理活動の正常な運行を保証している。

 

例)皮膚の汗腺から出る汗、腎と膀胱を介して排出される尿、これらの中には大量の水分のほかに多くの代謝産物を含んでいる。

 

 

中医学では「汗」を非常に重要視している

筋肉を温養し、皮膚を健康に潤しているのは、汗液のなすところであるとし、その汗液は津液の変化したものとみなしている。

したがって、大量に汗をかくということは、津液、血液を損なうものだとしている。また急激に津液を失うと、直接に筋肉に影響し、痙攣をひき起こす。これはよくアスリートにみられる現象である。古来より「血汗同源」(血と汗の源は同じである)といわれている。

次へ >

1