燥邪

燥邪<六淫>

燥は秋季の主気である。秋の天気は爽やかになる一方、空気中の水分が減るので、乾燥した気候になる。燥邪は、口鼻から入り、肺衛を侵襲する特徴がある。

 

燥邪は温燥と涼燥の2種類に分けられる。初秋には残暑の気がまだ残っており、これに燥熱が加わると温燥となる。また、晩秋には冬の寒気が近づき、これに燥寒が加わると涼燥となる。

 

この他、外来の燥邪による発病を「外燥」と称す。一方、体内の津液、陰血が消耗したために出現する燥象が「内燥」であるが、邪によって生じるものではなく、「津血不足」が原因であるので、「傷津」、「傷陰」、「津枯血燥」という。

 

燥邪の性質と発病の特徴

燥邪による症候は、自然界の乾燥の現象に類似している。

 

燥邪は乾燥性の強い外邪であり、人体を襲うと陰液を消耗して、潤いを消失させる。肺はみずみずしく潤った状態を好むデリケートな臓器であるため、燥邪に襲われやすく、肺の陰液が消耗すると、宣発・粛降作用は失調し、から咳・痰は少ないかあるいは血が混じる・喘息して胸痛するなどの症状があらわれる。

 

燥邪が体表や呼吸器を襲うと、口鼻や皮膚は乾燥して口渇したり、激しい場合は髪の毛や皮膚がかさついて亀裂が生じる。また燥邪が、皮毛や呼吸を主る肺と表裏関係にある大腸に影響すると、大便は乾燥して出にくくなりる。

 

乾燥、津液を損傷しやすい

燥邪は人体の津液を最も消耗させやすく、陰津の損傷をもたらしやすい。燥病には鼻孔の乾燥や鼻出血、口渇、口唇の乾燥やき裂、咽喉が乾燥し、痒い或いは痛い、皮膚が乾燥してかさかさし、毛髪に潤いがなくなり、舌の乾燥などの症候が現れる。

 

肺を損傷しやすい

肺はデリケートな臓であり、潤を喜び、燥を悪むという特徴がある。また、肺は気を主り、呼吸を主り、体表の皮毛と合し、鼻に開竅する。燥邪が体内に侵入するときは、口鼻から肺を侵襲することが多い。

 

これにより、肺気の宣発、粛降に影響を及ぼ し、肺津が損耗されると、咳嗽、から咳、少痰、或いは粘り気が強い膠着痰となり、喀出しにくいなどの症状が現れる。また、痰に血が混じったり、喘息、胸痛等が発生することもある。

 

六淫を表した表