小児薬証直訣(しょうにやくしょうちょっけつ)

宋代の医家、銭乙が臓腑の証と治法を立てる治療を提起したもの。

中医学専門用語一覧