衝脈

衝脈(奇経八脈)

【循行経路】

胞中より起こり、下って会陰に出て、鼠径部の気街で足少陰腎経と並んで上行し胸に至って胸中に散布し、再び上行して喉に至り、口唇の周囲をめぐって眼窩の下に至る。

 

【支脈】

少腹より腎に注ぎ、気街に浅出し、大腿内側に沿って膝窩に入り、再び脛骨内縁に沿って、足底へと下行する。

 

【支脈】

内果の後から分かれ、前へ斜めに足背に行き、足の第一趾に入る。

 

【支脈】

胞中より分かれ出て、後に向って督脈と相通じ、脊柱内を上行する。

 

【基本的な作用】

衝には、要衝、大切な場所の意味。衝脈は諸経の気血を総括する要衝であり、十二経の気血を調節する作用があるので、「十二経脈の海」といわれている。衝脈は胞中よ り起こり、女性の生理と密接な関係があることから、「衝は血海である」と称されている。

 

任脈、督脈、衝脈は胞中より起こるので、「一源にして三岐」 と呼ばれる。この三脈は主に生殖機能の調節にかかわっているために、「衝任調整」は月経疾患の主な治療法の一つであり、「任督温養」は生殖機能低下の主な治療法となっている。

 

衝脈の部位を表した図