咳嗽(せき)

 

せき(咳嗽)

 

咳嗽は肺系疾病に見られる主要な証候の一つである。

呼吸器系感染症、急性慢性気管支炎、気管支拡張症、肺炎、肺結核などの治療には本証を参照する。

 

咳が起こる原因を表した図

 

 <弁証論治>
弁証論治の観点で咳が起こる原因を表した図

 

1.外感咳嗽

(1)風寒襲肺

【症状】咳嗽、痰が希薄で白い。頭痛、鼻づまり、鼻水、肢体酸痛、悪寒、発熱、無汗などを伴う。舌苔は薄白、脈は浮である。

 

【証候分析】風寒の邪が肺を犯し、肺気不宣のため、咳嗽、鼻づまり、鼻水が見られる。外感風寒のため、痰が希薄で白い。風寒の邪が肌表を犯し、悪寒、発熱、無汗、頭痛、肢体酸痛どなの表寒証が生じる。舌苔が薄く白、脈は浮は風寒が表にある証候である。

 

【治法】疏風散寒 、宣通肺気。

 

(2)風熱犯肺

【症状】咳嗽、痰が粘稠で黄色い、口渇、咽喉乾痛。頭痛、身熱、悪風、発汗などを伴う。舌苔は薄黄色、脈は浮数である。

 

【証候分析】風熱の邪が肺を犯し、肺失清粛、煉津成痰のため、咳嗽、痰が粘稠で黄色、邪犯皮毛、正邪相摶による身熱、悪風が見られる。風熱が頭を犯すため、頭痛をみる。風熱が疏泄の性質をもつため、発汗が見られる。舌苔が薄黄色、脈は浮数は風熱が表にある証候である。

 

【治法】疏風清熱、宣肺化痰。

 

(3)燥熱傷肺

【症状】乾咳、無痰または少痰、痰がよく粘り、喀出が困難。鼻、咽喉が乾燥し、激しい咳に胸痛を伴う。あるいは、悪風発熱、血痰を伴う。舌尖部は紅、苔は薄黄色、脈は細である。

 

【証候分析】本証は秋に好発する。風燥が肺を傷め、肺の清潤が失われ、乾咳、咳声が頻発する。燥熱が津を灼し、咽喉、唇、鼻が乾燥、粘痰が出にくい。燥熱が肺を傷め、肺絡が損傷を受け、血痰が見られる。風燥の邪に犯され、衛気不和、表証が見られる。舌尖が赤く、舌苔が薄黄、脈が数、微細は燥熱の証候である。

 

【治法】清肺、潤燥、止咳。

 

2.内傷咳嗽

(1)痰福犯肺

【症状】咳嗽、薄白痰、量多、胸院悶脹、食欲不振、倦怠 、便溏。舌苔は白膩、脈は濡滑である。

 

【証候分析】脾は生痰の源で、肺は貯痰の器である。脾失健運、痰湿内生、肺に痰が壅滞(肺に滞る)するため、咳嗽、薄白痰、量多が見られ、痰湿内停、肺失粛降で胸腕悶脹が現われ、脾気不足で食欲不振、倦怠、便溏(便が固まらない)が見られる。 舌苔は白膩、脈が濡滑は痰湿の証候である。

 

【治法】健脾燥湿、化痰止咳。

 

(2)肝火犯肺

【症状】気逆、咳が頻発し、顔が赤く、咽喉乾燥。情緒変化が咳嗽の誘引となる。咳に胸肋脹痛を伴う。舌苔は薄黄色、乾燥、脈は弦数である。

 

【証候分析】肝気鬱結で化火し、気火が逆行犯肺(木火刑金)、肺失清粛のため、気逆、咳が生 じ、肝火上炎のため顔赤、火熱傷津のため咽喉乾燥がみられる。胸肋部は肝経の循行経路であるため、咳に胸肋脹痛を伴う。舌苔が薄黄色、乾燥、脈が弦数は肝旺肺熱の証候である。

 

【治法】清肺瀉火、潤肺化痰。

 

(3)肺陰不足

【症状】乾咳、あるいは少痰、血痰、咯血、口乾咽燥、午後潮熱、顴赤(頬骨のあたりが赤くなる)、五心煩熱、不眠、寝汗、消痩、倦怠。舌質は赤く、少苔、脈は細数である。

 

【証候分析】

肺陰不足で、肺の滋潤を失い、肺気上逆のため、乾咳少痰、口乾咽燥が見られ、肺絡損傷のため血痰または咯血が現われる。午後潮熱、顴赤、五心煩熱、不眠、寝汗、消痩、倦怠、舌質が赤く、少苔、脈が細数は陰虚火旺の証候である。

 

【治法】養陰潤肺、止咳化痰 。