中医学の「三焦」

 

三焦

三焦とは、上焦、中焦、下焦の総称である。「決潰の官」といわれている。 経脈上、三焦と心包は相互に絡属し、表裏関係をなしている。

 

位置と形態:

胸腹腔全域に分布する大腑である。

 

 

主な生理機能:

諸気を主宰し、全身の気機と気化作用を統轄する。水液運行の通路である。三焦の実態、効能については古来多数の異論がある。しかし、三焦の生理機能についての認識は比較的共通 している。

 

 

三焦の生理機能

諸気を主宰し、全身の気機と気化作用を統轄する

 

三焦は気が昇降出入する通路とされ、気化が行われる場所である。したがって三焦は諸気を主宰し、全身の気機と気化作用を統轄するといわれている。例えば、元気は、生体の根本の気であり、腎に根ざし、その源は腎より発せられるが、三焦を通って全身に行きわたる。

 

水液運行の通路である

三焦は水道疏通、水液運行の作用をもち、水液が昇降出入する通路となっている。人体の水液の輸布と排泄は一定のパイプラインが必要で、三焦はその水液運行のパイプ ラインの役割を果たしているものとされている。

全身の水液代謝は肺、脾、腎、大腸、小腸、膀胱など多く臓腑の共同作用によって行われるが、必ず三焦をその通路とし、三焦の機能である水道疏通によりはじめて正常な輸布と排泄が可能となる。三焦という通路が不通になると、肺、脾、腎などの水液の輸送、散布、調節機能にも影響が及び、水液が停留し、小便不利(排尿量の減少)、水腫などの症状が現れる。

 

 

奇恒の腑

「奇恒」というのは平常と異なるという意味であり「奇恒の腑」は脳、髄、骨、脈、胆、女子胞の6つの器官の総称であり、中空性の器官が多くて腑と似ているが、飲食物を消化、排泄する管ではない。普通の臓腑と異なっているところから、これらは「奇恒の腑」といわれている。また、奇恒の腑は特殊な腑という意味でもあり、臓に似て臓ではなく、腑にも似て腑でもないということである。 脳、髄、骨、脈、胆、女子胞は、生理機能は五臓に似ており、陰精を貯蔵し生体の成長活動の源となっているが、六腑のように飲食物を伝化する作用はない。また五臓のような精神活動を主る働きは見られない。

 

さらに形態は六腑に近く、胆以外では陰陽配合関係や表裏関係を示すものもない。強いていえば、機能は臓に似ているが、形態は腑に似ているということである。人間の生命維持という意味合いにおいて、奇恒の腑は五臓と同程度の重要性を もっている 。

 

 

上焦

横隔膜より上の部位、内臓器の心、肺及び頭部、顔面部を含めて上焦とされる。生理機能の特性としては、気の昇発と宣散を主っている。

 

昇発、宣散とは、上昇、宣発、散布のことをいう。実際には肺の衛気を宣発し、津液を散布する作用である。上焦は気の昇降のうち、上昇だけを主っているわけではなく、下降も主っているが、上焦の生理機能の特性としては、昇発が重要な働きとなっている。 人よ り「上焦は霧の如く」といわれている。

 

 

中焦

横隔膜以下で臍以上の上腹部を中焦とされる。中焦に所属する臓腑は、解剖部位からいうと、脾、胃、肝、胆を含む。 温病学の理論では、肝を下焦に帰属している。

 

生理機能の特性は、脾胃の運化作用を包括しており、昇降のカナメ 、気血生化の源となっている。「中焦は濫(かめに貯えられた水から生じる泡、変化が生じることを示す)の如く」といわれている。

 

 

下焦

臍より以下の部位、その部位にある大腸、小腸、腎、膀胱などの臓器を下焦とされる。生理機能の特性は、尿と糟粕の排泄である。「下焦は潰(みぞ)の如く」といわれている。その他、肝腎や命門 も下焦に属している 。

 

六腑の主な関係は伝導と消化であり、飲食物の消化 、吸収、及び排泄の過程において、相互に連携協力して行われている。

飲食物は胃に入ると、胃の腐熟作用によ ってそこで第 1 歩の消化を受け、次に下降 して小腸に送られ、小腸の作用により、さらに消化が行われ、その過程で泌別精濁の 作用を受ける。そしてその清である水穀の精微は、脾の運化作用によって心肺に運ばれ、全身に栄養を与える。濁のうち余分な水分は膀胱に滲入し、膀胱の気化、排泄作用によって尿となり、体外に排泄される。

 

一方その濁である糟粕は大腸で糞便となり、伝導作用によって肛門より体外に排泄される。三焦は消化、吸収、及び排泄機能のすべてに関係している。

また、この過程において、胆汁は胆より小腸に排泄されて消化を助け、さらに三焦は原気の分布と水道を疏通させる作用を行っている。このように六腑全体としては、水穀の伝達、消化、津液の運行を行っている。受納、消化、伝導、排泄の作用がたえず行われ、飲食物が停滞することなく 通行することができ、これによって六腑の正常な生理機能が保たれているのである。このことから、古人は「六腑は通をもって用となす」「腑の病は通をもって補となす」といっている。

 

病理上も六腑は相互に影響しあっており、腑の病変はその他の関連する腑に影響し、2つ以上の腑が同病となることがしばしば見られる。

 

例)胃に実熱があって津液を損傷すると、腸が滋潤を失って便が硬くなり、便秘が起こる。また胃気の降濁作用の失調によって排便困難が起こる可能性もある。一方、胆火が旺盛になり過ぎて胃を犯すと、胃は通降作用を失 って嘔吐や苦水が出るなどの症状が現れる。脾胃湿熱証では、湿熱が 胆に影響し胆汁が胆外に溢れると、黄疸が発生する。

六腑は通を用とされているが、過乗と不足の違いがあるので、よく分析する必要がある。

 

気功師 養成講座

薬膳アドバイザー 養成講座