六淫七情

六淫七情

六気

大自然の気象の状態をあらわすのに、風、寒、暑、湿、燥、火という6つの気象現象をとらえ、これらをまとめて「六気(ろっき)」という。

 

季節、期間、季節の特徴、気象

春 2月~4月 温かくなり始める季節で、春温ともいわれる〔風〕

夏 5月~7月 最も熱い季節で、夏熱ともいわれる〔暑〕・〔火〕

長夏 7月 夏の中でも湿度が高い季節〔湿〕

秋 8月~10月 涼しさと乾燥が始まる季節で、秋涼といわれる〔燥〕

冬 11月~1月 最も寒い季節で、冬〔寒〕といわれる

 

六淫(りくいん)

中医では、外界の環境因子が人体に与える影響を非常に重視する。

一般に季節が変わると、気候もそれに応じて変化します。気候の変化が正常な場合には、「六気」と称される6種類の気候変化となってあらわれ人体活動を促す。

しかし、季候の変化が異常な場合や、人体が六気に対して著しく抵抗力を無くしたときには、六気はそれぞれ、風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪(熱邪)という、邪気となって人体に障害を与える。これら6つの外邪をまとめて「六淫」という。 六淫の特性は、一般的に人体が六淫を感受した初期の段階では、表証という特有の症状があらわれる。

それぞれの症状は、六淫の性質によって違いがあり、治療もそれぞれ異なる。したがって、外邪の特性を知り、臨床症状と六淫とを関連づける判断力を身につけることが要求される。

 

六淫とは、風、寒、暑、湿、燥、火という6種類の外感病邪を総称したものである。 風、寒、暑、湿、燥、火は、正常な状況では「六気」と称され、自然界に存在する6種の異なった気候変化である。

 

「六気」には、万物を育くむ生長させる働きがあり、人体に対しては無害である。

正常な六気が人を発病させることは少ない。健康な人であれば、外界の変化に十分適応して正常な生活を営むことができる。しかし、六気に異常がおこり、外界の変化が人に過大な負担になる場合には病を引きおこす要因となる。

 

例)六気が激しすぎたり足りなかったり、(夏は酷暑だったり、冬に厳寒だったり、冷夏や暖冬)、季節外れの気候(春は暖かいのが当たり前なのに寒かったり、秋は涼しいのが当たり前なのに暑かったりする)、急激な気候変化(急に寒くなったり暑くなったりする)などの状況では、人体の抵抗力が落ちているときには、六気は発病因子となり、疾病をひき起こしやすくなる。

 

こうした状況下では、六気を「六淫」という。淫には、過剰か侵淫の意味があり、そこから転じて不正とか異常の意味に使われている。六淫は不正の気であるから「六邪」ともいわれ ている。これは外感病の主要な発病因子となる。

 

六淫による発病の特徴

季節の気候や居住する環境と関係する
  • 春季は風がよく吹くので、風病が多発しやすい

  • 夏季は暑いので、暑病が多い

  • 長夏や初秋は湿が盛んとなるので、湿病が多い

  • 晩秋は乾燥しやすいので、燥病が多い

  • 冬季は寒くなるので、寒病が多発する

 

長く湿地帯に暮らすと、湿病を患いやすく、高温の環境で仕事をしていると、燥熱や火邪の病にかかりやすいなどがある。

 

六淫邪は、1つだけで人体を侵入することもあれば、2種類以上の邪が同時に人体を侵入することもある。

例)風寒感冒、湿熱泄澤、風寒福痺症など

 

六淫邪は、疾病の進行過程で相互に影響し、一定の条件下では相互に転化する。

例)寒邪が裏に入って熱と化したり、暑湿が長びくと燥に変わって陰を傷つけるなどがある。

 

六淫が侵入するルー トは、肌表を侵入したり、口や鼻から入ったりし、その2つは同時に邪を受けるものもある。

すべて外部よ り感受する特徴があるから、これを「外感六淫」と称している。六淫を現代の臨床から見ると、気候だけではなく、細菌やウイ ルスなどの微生物、物理刺激或いは化学刺激などが発病原因となって身体に作用し、病理状態 を引き起こしたもの も含まれている。

 

この他に外邪ではなく、臓腑、組織、器官の機能失調により起こる病理変化がある。 この形態は風、寒、暑、湿、燥、火など六淫による発病の特徴や症状と似ているが、その原因は外来の邪ではなく体内に発生した病理状態である。
その本質は外感六淫と は明らかな違いがある。そこで外感の六淫と区別するために、内風、内寒、内湿、内燥、内(火内熱)を「内生五邪」と称している。

 

 

春夏秋冬別の森の写真を並べたイメージ

六淫を表した表

 

七情

七情とば精神、情緒的な活動を意味し、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七種類の情志(感情)変化のことである。内傷病の主要な発病因子の1つとなっている。

正常な状態では、七情は外界事物に対する情緒反応であり、これらは生理的な変動の範囲にあるので疾病を発生するには至らない。

 

しかし、長期的に精神的ストレスを受けたり突然に強い精神的衝撃があると、生理的な調節範囲を超えてしまうと、体内の陰陽、気血、臓腑機能などが失調し、疾病が発生する。このとき七情は発病因子となる。体内の機能失調によって発生する疾病であるから「内傷」という。七情は内傷疾病の主な原因であることが多く「内傷七情」ともいわれている。

 

内臓気血と七情の関係

人の情志活動と臓腑気血には、深いつながりがある。 五臓の精気は各種の情志活動の 物質的基礎であるが、過度の情志刺激は五臓に悪い 影響を与え、それによって気機に 作用し、臓腑の気血が変化し、それがまた情志活動に影響を及ぼす。

 

心は喜を主るが、喜びすぎると心を損傷する。

肝は怒を主るが、怒りすぎると肝を損傷する。

脾は思を主るが、思いすぎると脾を損傷する。

肺は悲憂を主るが、悲しみ憂いすぎると肺を損傷する。

腎は驚恐を主るが、驚き恐れすぎると腎を損傷する。

血が余ると、すなわち怒になる。

血が不足すると、すなわち恐になる。

肝気が虚すれば、すなわち恐になる。

肝気が実すれば、すなわち怒になる。

心気が虚すれば、すなわち悲になる。

心気が実すれば、すなわち笑い止まらない。

 

七情による発病の特徴

 

七情による発病は六淫と異なる。六淫が人体を侵襲するときは、皮膚及び口鼻から侵入し、発病した当初は表証が現れる。 しかし、七情が内傷したときは、相応する内臓に直接影響し、臓腑機能の失調、気血の錯乱、気機昇降の異常、陰陽のアンバランスなどが発生する。

 

内臓を直接損傷する

 

七情は各臓 を損傷するが、その中でも心肝脾の三臓が損傷しやすい。特に心の病証が 多くみられる。これば心は神志を主っており、五臓六腑の大主であり、精神情志の変化は まず心の機能に影響を及ぼして、各臓腑に波及していくからである。

さらに鬱怒傷肝(鬱積した怒りは肝を損傷する)、肝気鬱結、肝脾不調・肝胃不和、心脾両虚などがある。

 

心は血を主り、神を蔵す。

肝は血を蔵し、疏泄を主る。

脾は、運化を主り、気血生化の源である。

したがって、情志が損傷すると、心・肝・脾の三臓に直接影響することが多い。

 

臓腑の気機に影響する

 

情志が損傷すると、気機昇降の異常を引きおこされる。

 

…気上る(怒則気上)

怒りすぎると肝気の疏泄機能に異常が生じ、肝気が横逆して上衝する。ひどく怒ると、血も気に随って逆行して上昇し、清竅が覆われて昏厥を起こすこともある。

すなわち突然倒れ、四肢が厥冷(手足が冷たくなる)し意識不明、人事不省に陥る症候が発生する。

 

…気緩む(喜則気緩)

普通、喜びは精神の緊張をほぐし、気血をスムーズに流れ、ゆったりした気分になる。 喜びすぎると心気が緩み、神の宿るところがなくなるため、意識を集中することができなくなり、ひどく なると失神や狂乱状態になる。

 

…気消える(悲則気消)

いや悲しみは肺気を消耗し、肺気が消散すると、意気消沈するようになる。

 

…気下る(恐則気下)

極度の恐れは腎気不固になり、気が下に泄してしまうので、恐怖のあまり二便の失禁が起こる。また恐怖が消えないと、精を損傷し、遺精などが発生する。

 

…気乱れる(驚則気乱)

突然驚かされると心神のよりどころがなくなり、神の帰る場所がなくなって一時に考えがまとまらず、ふためいてどうしてよいか分からない状態になる。

 

…気結す(思則気結)

思慮しすぎると気機を鬱結させ、心を傷め脾を損なう。心神が消耗すると、心悸、不眠、多夢、健忘などの症候が見られる。古人は「思」は脾から発し、心に行くと考えた。

したがって頭を使い過ぎると、心神を消耗し、脾気にも影響する。脾気を損傷す ると、運化無力になり、院腹脹満、食欲不振などの症状が現れる。

 

情志の不安定な起伏変化は病状の悪化を加速する

多くの疾患では、患者の激しい情緒変化によって、病状の急変が起こったり、悪化になったりすることはしばしばみられる。例えば、高血圧の患者は鬱憤をはらして激怒すると、肝陽が膨張して血圧が急に上昇し、眩量、目眩みが起こり、ひどいときには、昏倒して喋れなくなり、半身不随や口眼歪斜になる。心臓疾患の患者は、情志の不安定が原因となり、病情の悪化を加速する。

 

過度の情志変化は、臓腑気血の機能に影響を及ぼす一方、臓腑気血の機能が失調すると、情志の変化を引きおこしやすくなり、この情志因子が人体に悪影響を与え、病状を悪化させる。

内傷七情による疾病に対しては、精神的素因との関連性を正確に認識する必要があり、その治療には、精神の保養にとくに注意を払い、できる限りのアドバイスをする必要があり、精神的な要因を解決する努力をすると同時に患者の陰陽、気血、臓腑などの失調の状況 を全体的に分析し、疏肝、補益など適切な手段を施し、早期回復をはかるように努めるべきである。

 

七情を表した図