瘀血

瘀血

瘀血の基本概念

瘀血とは、体内で停滞した血液のことであり、疾病過程の中で形成された病理変化と物理的産物である。これは、全身的な循環不全、局所的な血流停滞、内出血などを指す。

産生された瘀血は 、関連する臓腑、組織、器官の脈絡の血行を阻害したり停滞さ せ、一連の症候を発生する。

 

瘀血の形成

気虚、気滞:

気の温熙と推進作用の失調により、血液の流れが 悪くなると、瘀血を形成する。

 

血寒:

寒により経脈が収縮し、血液が凝滞してスムーズに流れなくなると瘀血を形成する。

 

血熱:

営血が熱の影響を受けて運行が悪くなり、血熱妄行になると瘀血を形成する。

 

その他の内傷と外傷:

経脈から離れた血が体内に集まって瘀血が形成されると、局所、さらには全身の気血を鬱滞させ、いっそうの広範囲にわたる瘀血を形成することがある。

 

瘀血による発病の特徴

瘀血ができると、血液の正常な滋養作用が失われ、それが全身や局部の血液循環に影響し、気血不通、経脈阻滞、内臓腫塊を来たすなど悪い結果となる。

瘀血の病には様々あるが、いくつかの特徴がある共通した症状がある。特に以下のものがある。

 

疼痛:

疼痛の性質は刺痛が多く、痛む部位は固定している。 夜間に痛みがひどくなる。拒按(触ったり押さえたりすると痛みがひどくなる)。

 

腫塊:

腫塊は固定していて移動せず、皮膚の色は青紫、或いは青黄色で、体内では㿂積(病理性腫塊、内臓腫大や新生物を含む)があり、固くて圧痛がある。

 

出血:

血の色は紫暗色、どろどろとした血塊が混ざっている。

 

望診:

顔面、口唇、爪が青紫、舌質は紫暗色、或いは瘀斑がある。瘀血証が長くなると、顔色は浅黒く、肌膚甲錯(皮膚が乾燥して粗く光沢がないこと)となり、毛髪は光沢がなく、皮下に紫斑などが見られる。

 

瘀血の部位別による症状

瘀血による症状は、鬱血している部位や、瘀血のできた原因などによって異なる。

 

瘀血の部位別による症状を表した図