問診

問診

現病症を問う

 

問汗(汗を問う)

「素問」では「陽が陰に加わり汗を謂う」と述べており、すなわち、汗は、陽熱が津液を蒸化し腠理より体表に達して形成される。

正常の汗は、営衛を調和し皮膚を滋潤する働きがある。外感と内傷に関わらず、何れも異常な発汗を来たすことがある。発汗の状況を通じて疾病の表裏寒熱虚実を知ることができる。

 

表証弁汗

外感表証の患者に発汗状況を問うことで外感表邪の性質を弁別でき、営衛が正常か否かを判断できる。

(1)表証無汗

外感寒邪による表寒証が考えられる。悪寒重、発熱軽、頭身疼痛、脈浮緊などの症状を伴う。寒邪に侵されると、肌表が収引し、腠理が緻密になり汗孔が閉塞し汗が出な くなる。したがって「表実証」ともいう。

 

(2)表証有汗

太陽中風証(風邪によって、営衛の調和が乱れること)と表熱証が考えられる。悪風、脈浮緩などの症状を伴うのは、外感風邪による太陽中風証である。風邪が体表を侵襲すると、腠理が緩んで開き、津液が外泄して汗となる。

したがって「太陽表虚証」ともいう。発熱重、悪寒軽、咽喉腫痛、口渇、舌尖が紅で舌苔が薄黄、脈浮数などの症状を伴うのは、外感熱邪による表熱証である。熱邪が昇散し、津液が外へ排泄 されて汗となる。

 

裏証弁汗

裏証の発汗状況を通じて病性の寒熱と体内の陰陽盛衰を判断できる。裏証に常見される発汗異常には以下の四種類がある。

(1)自汗

日中普通の状態でもよく汗をかき、活動の後には更にひどく発汗をすることである。

神疲乏カ、畏寒、顔色と舌質が淡白などの症状を伴い、気虚と陽虚に属する。陽気虚で肌表を緻密に守ることができず、腠理が緩んで汗が外に出る。したがって普通の状態でも汗をかく。活動すれば、陽気が更に消耗され、発汗がより顕著になる。

 

(2)盗汗

睡眠中に汗をかき、目覚めると、汗が止むことで、すなわち寝汗である。

午後低熱、両顴潮紅、舌質が紅で舌苔が少ないなどの症状を伴い、陰虚に属する。

睡眠中、衛陽が体内に入り肌表が緩み不固となり、同時に津液が虚熱に蒸化され外泄する。目覚めると、衛気は再び体表に出て肌表を緻密にするので汗が止む。

 

(3)大汗

多量の発汗である。中には虚実の区別がある。

高熱で大汗、満面通紅、口渇喜冷、舌質が紅で舌苔が黄、脈洪大などの症状を伴えば、裏実熱証に属する。裏熱亢盛で、津液が蒸化され外泄する。

冷汗、顔色蒼白、四肢蕨冷、脈微などの症状を伴えば、亡陽証に属する。これは、陽気が急に体から離脱し、津液が固摂されず陽気とともに外泄する。重症の場合に見られる。

 

(4)戦汗

悪寒し震えながら、その後汗をかくのは「戦汗」と称する。これは、邪正が激しく戦う時に見られ、疾病進行の転換点でもある。

もし発汗後、熱が下がり、脈が緩であれば、邪気が去って正気が回復し、疾病が好転する現れである。

発汗後、高熱が続き、脈が急疾であれば、正気が負けて衰え、邪気が勝って更に強くなったためで、疾病悪化の現れである。

 

局所弁汗

ある局所に現れる異常な発汗は、体内病変を意味し、その中には虚実寒熱の区別がある。臨床で常見されるタイ プを以下に挙げる。

(1)頭汗

頭部や頭頚部に、汗をよくかくのは「頭汗」という。これは上焦熱盛、中焦湿熱、虚陽上越などの原因が考えられる。

面赤、煩躁、口渇、舌尖が 紅で舌苔が薄黄、数脈などの症状を伴うのは、上焦にある熱邪が頭面に上蒸して起きたためである。

頭身困重、身熱不揚、脘腹脹悶、舌質が紅で舌苔が黄膩などの症状が見られれば、中焦湿熱に属する。

重症な患者では、前頭部に冷汗、顔色蒼白、四肢蕨冷、脈微などの症状が見られる場合、これは虚陽上越によるものである。

 

(2)半身汗

左側か右側、または上半身か下半身、体の片側にのみ発汗することである。

その原因は、一つは左右もしくは上下の陰陽不和や気血不通が考えられる。

もう一つは、無汗の側の経絡が阻閉され、気血の運行が滞ったためであり、中風、痿証(いしょう:筋肉や関節が萎えて、動かせなくなる)などの場合に見られる。

 

(3)手足心汗

手掌と足裏の多汗であり、その多くは裏熱証に属する。五心煩熱、両顴潮紅、盗汗、舌質が紅で苔が少ない、脈細数を伴うものは、虚熱証である。口渇喜冷、尿赤便秘、舌質が紅で舌苔が黄、脈洪数を伴うものは実熱証である。頭身困重、身熱不揚、舌質が紅で舌苔が黄膩、脈濡数を伴うものは中焦湿熱である。

次へ >

4