問診

問診

現病症を問う

これは問診の中で一番重要な項目で、弁証の主要な根拠による。中医学では現在の症状を聞くことを重要視し、その内容は極めて詳細である。明代の医学者である張景岳は古人の問診の要点を基礎に「十問歌」を編集した。その後内容は改修され、以下のようになった。

 

「一問は寒熱、二問は汗、三問は頭身、四問は便、五問飲食、六問は胸、七の聾と八の渇ともに弁じ、九問は旧病、十問は因……婦人は必ず経期を問い……再び片語を添えて児科に告げる」。

 

このように「十問歌」の言葉は簡潔であるが、的を射ているので、問診の参考となる。実際の臨床では型通りの問診ではなく、患者に重点的に聞くべきである。

 

問寒熱(寒熱を問う)

問寒熱は、すなわち寒熱を問うことで患者に寒気と発熱の有無および特徴を聞くことである。寒と熱は臨床でよく見られる症状の一つであり、その特徴により、

  • 悪寒発熱(寒さがあり、熱がある)

  • 但寒不熱(寒さがあり、熱がない)

  • 但熱不寒(熱があり、寒さがない)

  • 寒熱往来(悪寒時には発熱せず、発熱時には悪寒せず、悪寒と発熱が規則的あるいは不規則に交代して出現する)

の四つに分けられる。

 

1.悪寒発熱

中医学においては、寒気を悪寒と畏寒(いかん)に分ける。

悪寒:

寒気を感じ、厚着をする、布団を被る、暖房するなどの温める処置を取っても、寒気が改善しないことである。

畏寒:

体が温められると、寒気が軽くなることである。

発熱:

体温が上昇する、または体温が正常であっても全身や局所に熱を感じることである。

 

悪寒と発熱がともに現れるのは、外感表証である。外邪が表を侵襲し、衛陽の「分肉を温める」機能が影響を受け、肌表が温煦を失って悪寒する。

正気は邪気を追い出すため表に向かうが、肌表にある腠理が寒に押さえられて閉塞しているため、その中で邪気と闘っている陽気は十分宣発できず、閉じこもって発熱する。その時の特徴としては悪寒と発熱が同時に見られる。

そのため古人は「一分の悪寒があれば、一分の表証がある」と述べた。

 

悪寒発熱は、その特徴と随伴症状によって、およそ三種類に分けられる。

(1)悪寒重、発熱軽

外感寒邪による表寒証である。寒邪は陰に属し、体表を拘束して陽を傷めると、悪寒が顕著となる。

 

(2)発熱重、悪寒軽

外感熱邪による表熱証である。熱邪は陽に属し、陽が盛んになると、発熱が顕著となる。

 

(3)発熱軽、悪風

これは外感風邪による太陽中風証である。風邪の性質は開泄で、腠理が風邪によって開かれると、風邪が入り込み、悪風が目立つようになる。

表証の寒熱の重さは、感受した外邪の種類と邪正の盛衰に密接に関係する。

 

正邪がともに盛ん:悪寒と発熱がともに重い。

邪気が軽く正気が弱い:悪寒と発熱がともに軽い。

邪気が盛んで正気が弱い:悪寒が重く発熱が軽い。

 

次へ >

2