未病治Basicアドバイザー

未病治Basicアドバイザー

未病治Basicアドバイザー|認定講座

『未病治』とは「未だ病にならざるを治す」という中医学用語です。季節・気候・心のバランスによって身体のあらゆる部分に現れているものを分析し、中医学の専門的、かつ実践的な診断方法によって診断することができます。

身体・心・環境、生活習慣より、健康→未病→病の方向へ向かっているようであれば、病になる前の段階での生活習慣や心がけ、考え方、食などの基本的なアドバイスをすることができます。

生きている身体へのアプローチによって病になる前に健康へ向かう方法を、ご家族や大切な人、お客様や患者様へ生活習慣のアドバイスをするスキルを得たい方は是非ご受講下さい。

未病とは感覚

30~50代の全国の女性に「健康と未病」に関するアンケートを行ったところ、8割を超える女性が、何らかの不調を感じており、未病を改善するために、さまざまな努力を行っていることがわかりました。なんとなく身体がだるかったり、元気がないだけなのに「病気では無いのだから…」と思う方もいらっしゃると思います。

では「病気って何?」と考えたら、痛みやシコリがあったり、ハッキリとした自覚症状があってはじめて「病気」だと思われる方々が大半でしょうが、中医学的には、特に目立った症状が無くても「元気がない」「活力が出ない」これらはもう「病気」の段階に入っていると考えます。身体に問題がなければ「元気がない」「活力が出ない」ということはあり得ないからです。

これが「未病(まだ病気ではないがいずれ病気に移行するかもしれない)状態」を意味します。「未病状態」は 現代医学的検査では身体の異常を数値で出すことの出来ない状態でもあります。「未病」の治療とは、ハッキリとした症状が無いうちから、身体のケア(目には見えない氣と言う生命活力エネルギーのバランス調整や補充)をすることで疲労回復を手助けし、病気を未然に防ぐというのが目的です。「未病治療」を行うことが、病気を予防し身体をいたわる「予防養生」の治療にもなるのです。

《未病治Basicアドバイザー》カリキュラム

  • 入門中医学概論 
  • 入門陰陽五行論
  • 入門氣血水バランス
  • 入門「未病」チェック法
    etc…

未病治と中医学

実際の中医学の学習では、中医基礎理論、中医診断学、中薬学、方剤学、中医内科学などそれぞれの専門的な課程があり、それに加えて臨床を行います。それら全てを学んでも、現代医療と同じく、病になってからの対処療法が中医学に変わるのみで、西洋医学の薬が漢方に変わるという結論にすぎません。

<中医学の現状>

  • むずかしい
  • 専門用語(漢字)が多く理解しにくい
  • 生活習慣で活用しにくい
  • 健康アドバイスがしにくい

不定愁訴(体がだるい、やる気が起きないなどの体の不調)や体調の変化から未病状態を見出し、日本の文化・風土に適した食は生活習慣などの、健康になるアドバイスをするための唯一の中医学の実践的な知識・活用方法は『未病治』です。

健康の定義(WHO…世界保健機関)

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、社会的にも全てが満たされた状態にあること。『健康とは環境の変化に適応し、自分の能力を発揮できる状態をいう』

健康不安

多くの調査で「まあまあ健康だ」だという人を含めると、約85%の人は「健康だ」と答えています。しかし、健康についての先行きに対して聞くと、約80%の人が不安を感じています。今の健康状態は「健康」だけど、現在の生活を反省すると、将来については健康に自信がない生活を送っており、健康に不安を感じている。→「健康」とはいわない。体調に不安を感じ、健康に向かうための知識と生活習慣の具体的な改善を実践できない。

講座名:未病治Basicアドバイザー​

時 間:5時間

受講料:69,300円(テキスト代、認定料、税込)
    認定講座50,000円(税込54,000円)
    テキスト代3,000円(税込3,240円)
    認定料10,000円(税込10,800円)

○受講料のご入金をもって正式なお申し込みとなります。
※受講料のご入金確認後、お申し込みが確定します。
※銀行振込、クレジットカード決済及びクレジットによる分割可。
※銀行振込をご希望の場合は「ゆうちょ銀行」になります。
※クレジットカードでの分割払いをご希望の場合は、決済後、クレジットカード会社へ連絡し、分割支払いへの変更をして下さい。

​<お支払いについて→詳細>

>中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

三大伝統中医学の一つ、推拿(すいな)の第一人者であり、生活習慣病の早期発見と回復を多く手掛け、自然治癒力、自己回復力を活性化する最高峰の手技療法を世界中で広く普及し多くの生徒を輩出。 一般社団法人国際伝統中医学協会の代表理事としても活動し、日本における、現代人のための中医学教育の第一人者として、医師、薬剤師、セラピストなどの健康のプロに対して、中医学観点からの健康管理法を教育してきた。また医療健康のプロフェッショナルだけでなく専門用語を使わない分かりやすい指導方法や、 豊富な臨床実績をベースにした、生活習慣病、 婦人病や中医学の専門的な診断法である舌診などのセミナーなどを行い、健康に敏感な一般層からも高い人気を集める。60,000人以上の診断実績と、3,000人以上の中医学教育指導実績で、医療関係、専門家などから多くの支持を得ている。