未病

予防医学と未病医学

 

現代医学と伝統医学では大きな認識の違いがある。

 

<現代医学>

身体に悪影響を与えない、或いは、身体に良い効果があり、免疫を高めると言われるものを主に、食による摂取、健康活動(運動、休息)をデータをもとに形成されたものを指す。

 

現代医学の未病については、検査による数値、或いは物質の科学的分析によって出た結果によるものが、病と認識される数値が病になる確率をデータとして結果を出すもの。

 
<伝統中医学>

人間の身体は環境的因子(季節、季候、温度、湿度)と精神的因子(感情、ストレス)、その他に疲労などによって気というエネルギーバランスが崩れると考える。

生命を維持しようとすれば、必ず何らかの影響を及ぼされ、身体の感覚や精神面に変化や兆しが出現する。

 

中医学では、その対策として行う精神、活動、食、休息を体質別、季節、季候、状態、仕事、ストレスなどを個人に合わせた方法を提供する。

 

中医学では、予防と未病は同じところにあり、予防をしていれば病にならない、病に向かわないとは考えておらず、予防と未病は同じ位置にあると考えている。

 

現代医学の二次元論(病でなければ健康)的がいつしか、三次元論(健康→未病→病)となり、今や、未病医学のことを病の診断を下すための検査を指し、予防医学を医師が勧める食やサプリメント、細胞の数値によって細胞年齢を割り出すことにより免疫が高いという定義のもとに病になりにくいというものになっている。

健康寿命、平均寿命、今後問題視されている認知症問題や精神的な病について、数値的な傾向によって平均値の中でそれを予防することは現代医学として行うことは大いに素晴らしいことである。

 

しかし、両翼であるべき、文化や風習に即した中医学での法則も無視できず、中医学は身体のあらゆる部位に出現する感覚や、精神的な変化によって、いち早く変動的にそれに対応していくものである。

女性が俯いている写真

 

未病治診断士Basicアドバイザー 養成講座

 

4