未病

不定愁訴

体がだるい、やる気が起きない、イライラする、倦怠感、疲れがとれない、よく眠れないなどの体が不調であると自覚症状を訴えるもの、或いは、検査をしても原因となる病が見つからない状態。

 

このような症状は、中医学的に「未病(みびょう)」と呼ばれる状態で、いわば、半健康状態ということになる。

この状態は、中医学的に考えると「病が表に出てきていない」状態であり、検査数値に問題が無いからと言って、愁訴(痛み、苦しみ)があるのにそのまま放置しておけば、それがもとで今度は本当の「病」になってしまう。

 

それを未然に防ぐために「中医学的健康チェック」で「未病」状態の的確な判断をし、身体の状態・体質を把握し、疾病の予防、健康維持・増進にが可能となる。

 

未病治診断士 養成講座

 

次へ >

3