未病

未病とは

「上医は未病を治し、中医は病みかけを治し、下医は病を治す」

未病治(中国語では「治未病」)という言葉の語源。

未病とは、検査をしたが数値や所見的に問題はなく、
自覚症状はありながら、
有効な手当てをしていない状態を指す。

 

中医学では、病になってからではなく、病になる前こそが重要だと捉えられている。

この考え方は昨今の現代医療でも取り上げられ、未病は「予防医学」の原点となっている。

 

「未病」という言葉は、今から約2千年前の中国の医学書『黄帝内経』に初めて出現する。

 

『黄帝内経』では、病になってからではなく、病になる前の治療こそが重要だと書かれている。

未病の概念には、中医の一元的健康観がある。中医学の世界では、健康と疾病とを連続的な変化として捉える。

 

つまり、病でなければ健康、健康でなければ病という西洋医学的の二元論ではなく、健康の程度には高い状態から低い状態まであり、それが低下してしまうことで病の状態に陥ると考えられている。

 

「未病」とは健康の程度は低いが、かといって病にかかっている状態ではない、いわば半健康、または小さなきっかけで病になってしまう疾病予備軍といえる。


生活習慣病の場合、
未病状態のまま放置する期間が長くなれば成る程、確実に悪化の一途をたどり、病名の付く段階に到達してしまう。

絶対的な健康はなく、病院で検査しても異常なかったから、私は大丈夫では済まされない。病院で検査しても、異常がみつからない。

 

しかし、頭痛、肩凝り、めまい、耳鳴り、目がかすむ、喉が詰まる、心臓がドキドキする、ご飯がおいしくない、手や足にしびれ感があるなどの方は、病とは診断されないが、健康でもない。

いわば、「半健康」・「半病」の状態に身体は存在していると考える。

 

半健康・半病の状態を、中医学では病になる一歩手前、前兆だとして、「未病(みびょう)」と言っている。

 

未病治診断士 養成講座

 

次へ >

1