2025年問題

2025年問題

後期高齢者(75歳)人口が
日本国民の1/4にの時代がやってくる

団塊世代(1947-49年生)が前期高齢者(65-74 歳)→2015年に到達

              後期高齢者(75歳)→→→2025年

現在1,500万人程度の後期高齢者人口 → 約2,200万人まで膨れ上がる。

日本国全人口の4人に1人は後期高齢者という超高齢化社会となる。

日本は2005年を折り返し地点として人口減少社会

65歳以上の高齢者数については2040年ごろまで増え続ける。

後期高齢者については2050年ごろまで増加傾向が続く。

社会保障費用の負担が1:2

高齢者(65歳以上)1人に対して生産年齢人口(15~64歳)が何人で負担するか?

  • 「胴上げ型/1965年」高齢者1人に対し生産年齢人口9.1人。
  • 「騎馬戦型/2012年」高齢者1人に対し生産年齢人口2.4人。
  • 「肩車型/2050年」高齢者1人に対し生産年齢人口1.0人。

低い出生率と諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行して年金等厳しい

社会保障費負担の社会到来が予想される。

1965年〜2050年までの高齢者と生産年齢人口の予想図

日本は諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行している

国際の高齢化の進行割合の表

平均寿命と健康寿命

医学の発展によって平均寿命は上がったが、健康寿命は上がっていない。

平均寿命と健康寿命の差は介護が必要となる。

男女別の健康寿命と平均寿命の表

社会保障財政バランスの崩壊

<これまで国を支えてきた団塊の世代が給付を受ける側に回る>

  • 医療、介護、福祉サービスへの需要が高る
  • 高齢患者が病院に殺到
  • 医師不足
  • 必要な医療を提供できない
  • 病院のベッドの取り合いが始まる
自宅に代わる新たな介護の住まい
(サービス付き高齢者向け住宅)

⬇︎

賃料が高くゆとりのない
高齢者は入居しづらい

⬇︎

格差社会

若者と高齢者が手をつないでいる写真

  補完代替医療
【気功師|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/kikoushi/


自然治癒力を高める
【気功Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/kikoushi-basic/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

三大伝統中医学の一つ、推拿(すいな)の第一人者であり、生活習慣病の早期発見と回復を多く手掛け、自然治癒力、自己回復力を活性化する最高峰の手技療法を世界中で広く普及し多くの生徒を輩出。 一般社団法人国際伝統中医学協会の代表理事としても活動し、日本における、現代人のための中医学教育の第一人者として、医師、薬剤師、セラピストなどの健康のプロに対して、中医学観点からの健康管理法を教育してきた。また医療健康のプロフェッショナルだけでなく専門用語を使わない分かりやすい指導方法や、 豊富な臨床実績をベースにした、生活習慣病、 婦人病や中医学の専門的な診断法である舌診などのセミナーなどを行い、健康に敏感な一般層からも高い人気を集める。60,000人以上の診断実績と、3,000人以上の中医学教育指導実績で、医療関係、専門家などから多くの支持を得ている。