眩暈(めまい)

めまい(眩暈)

眩暈を主な症状とする病症である。

眩は目が眩しい、または目が眩む。暈はめまいであり、同時にみられるものを眩量と称する。軽症の場合は、目を閉じれば緩和できる。

 

重症の場合は、乗り物に乗ったような回転感、立つことができず、悪心、嘔吐、発汗などを伴う。甚だしい場合は、意識不明に至る。

眩暈を主な症状とする内耳性眩暈、脳動脈硬化症(脳底動脈循環不全症を含む)、高血圧症、貧血、低血糖、神経性眩暈などの治療には本証を参照する。

 

めまいの原因を表した図

 

<弁証論治>

『素問 ・至真要大論編』:「 諸風掠眩、皆属於肝」 との記載がある。

1.肝陽上亢

【症状】眩暈、耳鳴、頭痛、頭脹、疲労と情緒変動で増悪、顔面紅潮、精神不安定、易怒、不眠、多夢、口苦。舌質は紅、苔は黄、脈は弦である。

 

【証候分析】肝陽上亢、侵攪清空のため、眩暈、頭痛をみる。陽気上昇のため、顔面紅潮、精神不安定、易怒がみられる。口苦を伴う。舌質が紅、苔が黄、脈が弦は肝陽上亢の証候である。

 

【治法】 平肝潜陽、清火丈息風。

 

2.気血虧虚

【症状】疲労時眩暈発作、動くと眩暈増悪、顔色蒼白、唇爪不華、心悸不眠、精神不振、疲労感、少言、飲食減少。舌質は淡、脈は細弱である。

 

【証候分析】血虚、脳失滋養のため、疲労時眩暈発作、動くと眩暈増悪、顔色蒼白、唇爪不華をみる。血虚、心神失養のため、心悸、不眠が見られる。気虚のため、疲労感、憶言をみる。脾胃不足のため、飲食減少をみる。舌質が淡、脈が細弱は気血両虚の証候である。

 

【治法】補気養血、健運脾胃。

 

3.腎精不足

【症状】眩暈、精神不振、健忘、腰膝酸軟、遺精、耳鳴。陰虚に偏る者は、五心煩熱。舌質は紅、脈は弦細数を伴う。陽虚に偏る者は、四肢不温、寒がり。舌質は淡、脈は沈細無力を伴う。

 

【証候分析】精髄不足、脳失所養のため、眩暈、精神不振、健忘がみられる。腎虚の ため、耳鳴、腰膝酸軟がみられる。精関不固のため、遺精をみる。腎は耳に開竅する。陰虚を有し、陰虚内熱のため、五心煩熱、舌質紅、脈弦細数が見られ、陽虚を有し、陽虚生寒のため、四肢不温、寒がり、舌質が淡、脈が沈細無力が見られる。

 

【治法】陰虚に偏る者に補腎滋陰、陽虚に偏 る者に補腎助陽 。

 

3.痰濁中阻

【症状】眩暈、頭重、胸悶、悪心、飲食減少、多眠。 苔は白脹、脈は濡滑である。

 

【証候分析】痰濁が清陽を蒙蔽するため、眩暈、頭重が生じ、痰濁中阻、気機不利のため、胸悶、悪心が現れ、脾陽不振のため、飲食減少、多眠が見られる。苔が白膩、脈が濡滑は痰濁内蘊の証候である。

 

【治法】燥涅怯痰、健牌和胃。