虚労

虚労(きょろう)

虚労とは種々の原因による臓腑虧損、気血陰陽虚弱で引き起こされる慢性の衰弱性証候の総称であり、虚労の範疇は広い。

慢性虚弱性疾患、慢性消耗性疾患の治療には本証を参照する。

 

<病因病機>

虚労に到る経緯と原因を表した図

 

<弁証論治>

1.気虚

(1)肺気虚

【症状】息切れ、自汗、体が時寒時熱、声音低微、咳を伴う、風邪を引き易い、顔色白。舌質は淡、脈は弱である。

 

【証候分析】肺気不足、表衛不固のため、息切れ、自汗、声音低微、時寒時熱をみる。肺気虧虚、営衛失和のため、風邪を引き易く、または咳を伴う。気虚のため、顔色白、舌質が淡、脈が弱である。

 

【治法】補益肺気。

 

(2)脾気虚

【症状】飲食減少、食後胃脘部の不快感、倦怠無力、大便溏薄、顔色萎黄。舌質は淡、苔は白、脈は弱である。

 

【証候分析】脾虚健運不全のため、飲食減少、食後胃脘部の不快感、大便溏薄をみる。脾虚で水穀精微の運化不能、気血の源の不足のため、倦怠無力、顔色萎黄、舌が淡、脈が弱などが現れる。

 

【治法】健脾益気。

 

2.血虚

(1)心血虚

【症状】心悸、怔忡、健忘、不眠、多夢、顔色不華。舌質は淡、脈は細または結代で ある。

 

【証候分析】心は神明を主り、心血虧虚、心失所養、心神不寧のため、心悸、怔忡、健忘、不眠、多夢をみる。心は血脈を主り、その華が顔面にあり、血虚で頭面を栄養できないために顔色不華をみる。舌質が淡、脈が細または結代は血虚気少、血脈不充の証候である。

 

【治法】養血安神。

 

(2)肝血虚

【症状】目眩、脇痛、耳鳴、不安、生理不順。重症の者では閉経、肌膚甲錯、顔色不華。舌質は淡、脈は弦細あるいは細渋である。

 

【証候分析】肝血不足、肝陽上擾のため、目眩、耳鳴、不安をみる。肝血不足、脈絡失養のため、脇痛をみる。顔色不華、舌質が淡、脈が弦細は肝血不足の証候である。 女性の肝血不足は、生理不順を来たし、重症の者では閉経をみる。瘀血内生の場合は、肌膚甲錯、脈が細渋をみる。

 

【治法】補血養肝。

 

3.陰虚

(1)肺陰虚

【症状】空咳、咽喉乾燥、喀血、あるいは失音、潮熱、盗汗、顔色潮紅。舌質は紅、少津、舌苔は少ない、または無苔、脈は細数である。

 

【証候分析】肺陰虧耗、肺失濡潤、静粛不能のため、空咳をみる。肺絡損傷のため、喀血をみる。津液上昇不能のため、咽喉乾燥をみる。重症の者は失音が生じる。潮熱、盗汗、顔色潮紅、舌質が紅少津、舌苔が少ない、または無苔、脈が細数は陰虚火旺の証候である。

 

【治法】養陰潤肺。

 

(2)心陰虚

【症状】心悸、不眠、煩躁、潮熱、盗汗。あるいは口舌潰瘍、顔面潮紅。 舌質は紅、少津、脈は細数である。

 

【証候分析】心陰虧虚、心失濡養のため、心悸、不眠をみる。陰虚内熱、心火亢盛のため、煩躁、顔色潮紅、口舌潰瘍が生じる。虚熱火劫、津液外泄のため、盗汗をみる。舌質が紅、少津、脈が細数は陰虚火旺の証候である。

 

【治法】滋陰養心。

 

(3)脾胃陰虚

【症状】口乾唇燥、食欲不振、大便燥結。重症の場合は幹嘔、しゃっくり、顔色潮紅。舌質は乾、少苔あるいは無苔、脈は細数である。

 

【証候分析】脾胃陰虚、運化失常のため、食欲不振をみる。水穀精微生化不足、陰虚火旺のため、口乾唇燥、大便燥結、鏡面舌をみる。舌質が紅降、無津、脈が細、幹嘔、しゃっくりは陰液枯絶、胃気欲絶の証候である。

 

【治法】養陰和胃。

 

(4)肝陰虚

【症状】頭痛、眩暈、耳鳴、目の乾燥感、日光が眩しい、視力減退、急躁、怒りっぽい、肢体麻痺、眼瞼痙攣、顔面潮紅。舌質は乾紅、脈は弦細数である。

 

【証候分析】肝陰不足、肝陽上亢、上擾清痰のため、頭痛、眩暈、耳鳴をみる。肝陰が目を栄養できないため、目の乾燥感、日光が眩しい、視力減退がみられる。筋脈失養のため、肢体麻痺、眼瞼痙攣をみる。肝火妄動のため、急躁、怒りっぽいをみる。顔面潮紅、舌質が乾紅、脈が弦細数は陰虚火旺の証候である。

 

【治法】滋養肝陰。

 

(5)腎陰虚

【症状】脱毛、歯牙動揺、眩暈、耳鳴。重症の者では難聴、口乾咽痛、潮熱、顧紅、あるいは、遺精、両足矮弱。舌質は紅、少津、脈は沈細である。

 

【証候分析】腎の華は髪にあり、歯は骨の余りである。腎陰不足のため、脱毛、歯牙動揺 をみる。腎陰虧損、髄海不足、脳失濡養のため、眩暈、耳鳴がみられる。虚火上炎のため、口乾、咽痛、顴紅をみる。腎陰虧虚、虚火易動、精関不固のため、遺精、腰酸をみる。精髄枯竭のため、難聴をみる、骨枯のため足痿をみる。舌質が紅、少津、脈が沈細は腎陰虧虚の証候である。

 

【治法】滋補腎陰。

次へ >

1