気功Basicアドバイザー 養成講座

現代社会におけるストレスはさらに多くなり、不安定な社会で生き抜くためには「身体」「精神」「経済」が豊かにならなくてはなりません。 「身体」「精神」「経済」を豊かにするためには「気」の流れを良くすることが最も重要です。 『気』は人間にとって生きるためのエネルギーです。『気』が不足したり、滞ったりすると身体の不調や病になります。『気』の不調は周囲や 環境にも連鎖し、体調や心、経済や運にも影響を及ぼします。 精神・健康・経済のバランスこそが求めるべき「幸せ」です。この3つが人間にとって『生きる』ということなのです。
気功Basicアドバイザーは気の流れを調整し、生体エネルギーと免疫を高め、健康な身体を保つ力を身につけ、身体、呼吸、心を調整し、気のバランスを整えるアドバイスをすることができます。
現代医療の部分的な治療から、身体を環境も合わせた総合的に考え、自然治癒力(自己治癒力)や免疫力を高め、病にならない心と身体をつくることに世の中では興味を持たれつつあります。気功は全身の経絡に流れている気の循環、気によって運行される気の虚実、滞りなどを見極め、気功運動によって調整することができます。

気功とは→

気功Basicアドバイザー カリキュラム

  • 入門気功概論
  • 気とは
  • 松と静
  • 入門気功実技
  • 入門邪気払いと予防法
  • 入門「気の本質」チェック法

気功は中医学の中の重要な一分野

気功は中医学の陰陽五行説の理論に基づき、内容は経絡学が主体で疾病の予防や治療の体系は弁証功法によっており、この一連のものは完全な理論体系によって組み立てられています。従って気功は人体生理機能の詳細な理論に基づいて運用され、疾病を防ぐ原理の解明に基づきます。

ちつつあります。気功は中医学の一環であり中医学と気功はひとつになってはじめて「気」という概念を理解することができ、コントロールすることができます。逆に中医学は気功とひとつになって完成されるものです。
気功は中医学理論の基礎の上に成り立っているため、中医学の基礎理論から勉強すると尚一層の効果が得られます。

治療家は短命..

日本の医師の寿命は日本人の平均寿命(約83歳)の-10歳(約73歳)。 アメリカでは平均寿命75.5歳に対し、医師の平均寿命は58歳といわれています。直接体に触れる施術を行う治療家の平均寿命は約50歳と もいわれ、ヨーロッパ北欧では施術家が短命なことから生命保険加入 が難しい国もあるといわれています。科学的データでは、ミネラルや栄養不足とも挙げられていますが『気』の世界では施術家は患者から受ける邪気(悪い気)によって体調を壊しやすいといわれています。中国全土の中医葯大学では施術家の育成のために、邪気を受けにくく、且つ邪氣が停滞しないような身体作りのために、氣功を必須項目として行っています。

気功は心・精神に効果的

気功は主に経絡の気血の流れをよくするために行います。季節や体調によって重点的に行う気功法が変化したり、同じ気功法でも意識する部分が異なります。神経系や筋肉に刺激を与え、筋肉強化や柔軟性を高めるものも多くあり、形と動きを組み合わせ、強度を調節することにより筋力強化からリハビリ効果のあるものまで幅広く行うことができます。気功は、呼吸をもとに展開されていくので心肺器系統への効果も高く、中医論では“心は神(精神・思考)を主どる”といわれ、心肺系への効果は精神疾患にも効果が期待できます。

補完代替医療である気功

我が国では、現代西洋医学が主体(保険診療)とされ、医師が使えるのは保険診療で認められているものだけですが、西洋医学だけの治療に限界を感じ何か補足するものがないかと感じた時、症状の緩和や完治への可能性を求めて、あくまでも「現代西洋医学を補う医療」として、さまざまな伝統医学や療法を見直そうという考えの医師が増えています。その一例として、伝統医学・気功・アロマセラピー・アーユルヴェーダなど現代西洋医学以外の医療は「代替医療」と呼ばれている。これらは、現代西洋医学を否定するものでは無く「補って完成させる医療」という意味から「補完代替医療」とも言われています。

講座名:気功Basicアドバイザー

時 間:5時間

受講料:63,000円(税別)(税込68,040円)
認定講座50,000円、テキスト代3,000円、認定料10,000円

 

お申込みまでの流れ
1)お申込みフォームの送信
2)お申込みのご確認(日程・会場)
3)受講料ご請求
4)お支払い → お申込みの確定
※お申込み後1週間以内の受講料のお支払いとなります。
​※入金確認をもちまして正式なお申し込みとなります。
※銀行振込、クレジットカード決済及びクレジットによる分割可。
※クレジットカード分割払い:
一括支払い決済後クレジットカード会社へ連絡し、分割支払いへの変更をして下さい。

お支払いについて
講座受講規約
認定資格規則