気功

気功

気功原則

松静自然

“松”は入静と運行がしやすいように、気功の時に精神が緊張せず、身体を充分にリラックスさせ、意念を調整して開通し、身体は一定の状態を維持する。

“静”は気功の時に意の修練がしやすいように、情緒安定、雑念を排除し、思想入静する。即ち入静は覚醒状態のもと、一種独特な安静状態である。このような入静状態を「気功態」という。

“松”と“静”は相互に進み、互いに影響する。もし“松”が容易にできるのなら、簡単に“静”に入ることができる。入静後、さらに容易にリラックスすることができる。

動静結合

気功は動功と静功の二つに大別できる。

動功とは身体を動かすことで内気の運行を導引する。静功は意念の作用に助けられ、気を丹田に集める。

気功を継続して一定のレベルまで到達した時“動中静”“静中動”になる。静功をすると、身体が静まり内気が動く。動功をすれば相対的に内気が静まる。気功を行う時は、自分の状態によって方法を選ぶ。身体と内気の動静結合に注意し、気功を行うことによって、さらに良い結果を収めることができる。

上虚下実

上虚とは、気功中に上半身に胸、頭部の気が虚弱になる。気がよく流れ、各内臓が関連し合い、丹田に降りる状態をいう。

下実とは気功中に下丹田の気が充実し、気が下部に蓄えられる状態をいう。

上虚と下実は、お互いにつながり、呼吸する時は元に戻る。上半身は虚弱になり、下丹田に気が充実できるようになる。上虚と下実は、随意、意念で移り変わって現れ、意念に伴って気を廻すことができる。

気功の時は意念を身体の上部に留めてはいけない。重点的に下部に安定するようにしなければならない。呼吸の運行を行う時は下丹田から離れることはできない。

意気相随

“意”は気功の意念活動を指す。“気”は人体の根源の気を指す。これらは、呼吸の気と、内気を含む。意気の相随は、意念で影響させて呼吸と内気運行を行い、意念を活発にして、活動と呼吸運動を結合することにより起こる。

故に“意気合一”ともいう。呼吸が進んだとき、意念を活発にして、呼吸をしながら、ゆっくり進めることができる。自然の状態で、徐々に呼吸を細く長く行えるようになる。内気エネルギーがあるレベルに達すると、体内運行の時に内気の循経運行を意念によって体内で運行することができる。決して意念によって強制するものではない。

修業程度

“火候”とは気功・武術の修養学力レベルを指す。火の気功は散らすと気になる、何かを集めると火になる。消化して水になる。

その作用が“疑比一気使真元不散”。気功修養の運用は、理があり、強火で練り、下手、身体を休める。前後、緩急に分け、一歩ずつ前進する気功修養をし、様々な変化、それによってまた進むを繰り返し重ねる。

気功修養程度は事実上、同じ段階はなく、修練限度と転化点は同じ基準はない。以下の分野で掌握しなければならない。

「意念上は何事もあるが如く、無きが如く、はっきりしない。忘れるなかれ、助けるなかれ、呼吸の力はできるだけ自然に、ゆっくり穏やかに、呼吸は自然状態の元で作られる。意念で強行してはいけない。姿勢は自然に緩め、軽くリラックスする。気功をやり過ぎるのは良くない。気功・武術を行えば毎日増進できる。」

練養相兼

“練”とは気功中に意識で指導して気力を表す形式である。“養”は気功後、精力を補うものである。

気功では“武の火は激しく練り、文の火は優しい”と説明している。気功は一種の意識形式であり、最後まで修練するのではなく、練と養との修練を結合しなければならない。気功中に疲労を感じるようになったら、すぐに丹田に注意をするべきである。意念を丹田に留めて、あわせて呼吸も調整し、静養する。練と養の修練を交替で進めるべきである。養の中に練があり、練の中に養があり、互いに助け合うことで気功の質量を高めることができる。

循序斬進

気功は気功原則に照らし、功法要点で修練し、修練を急いではならない。松静も急いで行うことはできない。気功は一種の自分の体内の反省と、身体の体験を観察する方法であり、その作用を発揮するには一朝一夕で効果が出るものではない。修練を継続することによって、自然に気功の修練は成功することができる。

気功原則

時間と方位

気功の修練を行う時、適当な時間と方位を選んで行うと、気功の質量を高めることができる。初学者に対して言えば、時間と方位はあまり構わなくてもよい。ただし、あるレベルに達すれば、内気運行で経絡がスムーズに流れる。或いは気功に敏感になる。

気功運用で、他人の治療をする時、時間と方位の選択が不注意なら、気機錯乱をもたらしやすい。陰と陽は失調し、或いは気功の進歩が遅くなる。

大自然の造物主は、人類と天下万物を創造した。人類の生存には、自然界の影響と制約を必ず受ける。大自然は宇宙の大きなシステムであり、人体もまた、一つの小さな天地である。これらは永続的変化の中にあり、相対してバランス状態が保たれ、故に古代より、天・地・人は一体という哲学概念がある。

伝統中医理論は日は陽、月は陰、気は陽、血は陰と認める。太陽に向かって気功を行うと、陽光は臓腑を暖かく照らし、陽を丈夫にすることができる。月の光に向かって気功を行うと、精華の気で陰を増やすことができる。

地球をめぐる太陽の公転は、春・夏・秋・冬の四季節を生ずる。気功を行う時は季節の変化に基づき、春夏は静功を選び、陰の代わりに陽を養う。秋冬の季節では、動功を行い、気血内功を優れた状態にして、五臓の弱さを補う。

地球の自転で、昼と夜が交替に訪れるので、陰陽の変化がはっきりとわかる。昼と陽、夜と陰。黎明は寅、卯の両時、これは早朝3-7時、人体の肺経と大腸経が開放される。

「肺が通じれば百脈身体一身の気」、身体の気化作用を高め、気功にプラスになる。子、午後は、夜と昼の11-1時、これは陰陽交合の際、陽を固め、陰を補うので気功にプラスになる。

月は地球を巡り、回転する。太陽、月、地球三者の間の位置を引力によって変化し、地球上の海水の定期的な干満を形つくる。人体気血は、このような巨大な引力の影響を受けて潮の満ち引きと同じような盛衰を生じさせている。“月廊満則気血実、肌肉堅”この時に気功を行うと、気血は弱い者には最も良い。それを見ると、人々は自分を自然界の時空が有する変化の中で気功の修練を進めるだけで、天地の霊気を集め、日月の精華の境地を汲むことができる。方位を探すことが気功修練の重要な一環であり、日・月・星と人体の五臓六腑は相通じるので、これが気功でいう天人合一である。

心気が弱いときは、南方を探すべきである。西南方は正陽の気、これらと心臓の気は同質である。もしも腎陰が弱いときは、腰痛、足のだるさ、めまい、頭が張るときは、正北方を探す。正しい北方は陰の気になる。北方の陰の気は、人体の腎の気と同質である。

このような有利な気功の修練を行い、さらに臓器の気を補うと、健身強化の作用に非常に有利になる。もし、気功が高く、深い修練に進んだときは、太陽、月、海の満ち引きに対して、自分自身に合う方位を探すことが肝要である。

気功の場所を選ぶとき、山と水に囲まれ、気の集まる場所が良い。もし条件が合えば、名山、大川、古寺などに赴き、気功の修練を行うと良い。良い自然条件を利用すれば、自身の気血と周天を調整することができる。

気功を行う時間

六陽時:

一日中の子、寅、卯、辰、巳の六時間(23-11時)は陰長陽消、陽気昇発の時であり、この時の気功修練は陽気に助けられる。陽虚患者が外気発功の修練を行うには最適の時間である。

六陰時:

一日中の午、羊、申、酉、戌、亥の六時間(11-23時)は陰の時。陰長陽消であり、陰気が盛り上がる時である。陰虚患者に特に適当である。

子、午、卯、酉:

古代、気功の基本、十二消息卦の規律では、子、午、卯、酉の気功修練に最良で、特別な練丹積気に最も重要である。これは、子の時(23-1時)なので、一陽五陰、午の時は一陰五陽、卯の時は四陽二陰、酉の時は四陰二陰、この四つの時間の陰陽は、ほぼ算数記号と方程式に相等しくバランスが良い。

気功修練中は人体生理上の陰平陽秘を保つことができる。気の修練には有利であり、理想的な時間である。

生活習慣により選ぶ気功を修練する時間:

起床後、睡眠前、昼食後。軽い病の場合と初心者はこの方法が最も便利である。

気功の方位

四方定向に応じての気功

四方系は、東、南、西、北の四つの方位。東方は甲乙木、南方は丙丁火、西方は庚辛金、北方は壬癸水、東南は陽方、西北は陰方。

故に陽虚者は東或いは南の方面がよく、陰虚者は北或いは西方面、肝虚者は東方面、肺虚者は西方面、腎虚者は北方面、心虚者は南方面など。

日・月・星・辰定向に応じての気功

初心者は、夜、月に顔を向けて或いは北斗星方向で行う。古人は、月は陰に属し、明るい太陽の光を受けていると認めていた。日は陽であり、大量の熱エネルギーを発することができる。

太陽に顔を向け、月明かりで気功を行い、エネルギーの助けを受けて、真の陽、真の陰の気を身体の健康或いは病の治療にプラスに使うことができる。

自然の気に応じての気功

宇宙の気が人身の気へ与える影響となる。健康な人が行う方位は、どの方面であっても強い功能が生じるので、自分自身で調整をする。ただし、風の方面だけは避ける必要がある。

気功中の注意事項

  1. 方位の決定、站、座。普通は顔を南に向け、背中が北。臥式の時は頭が南で足が北。
  2. 深呼吸は口で行う。心穏やかに身体はリラックスし、雑念を排除、意念は下丹田に集中。
  3. 呼吸は自然に行う。スムーズに通り、ゆったりと入静しながら、基本的な呼吸を進める。要求に応じて、複式呼吸、深複式呼吸、混合式呼吸のいずれかを採用する。
  4. 入静中に幻覚があっても、緊張せず追求せず、連想せず恐れず、自然に調整する。
  5. 体勢が不適切な時は随時調整する。ある局部が、冷たい、熱い、腫れ、痒みなど虫刺され、或いは痛みが我慢できない場合は、遠慮せず自然にゆっくり解決する。
  6. 気功中に唾液が増えてくるが、三回に分けて飲み下し、外に吐いてはいけない。
  7. 気功中に身体が疲れたと感じたら、意念を丹田におき、暫く静かな呼吸。少し休んで自由なリラックス呼吸をする。
  8. 気功中、突然の大きな刺激があった時、驚き慌ててはいけない。呼吸を調整し、意念で気を丹田に戻す。ただ、直接身体を傷つける危険がない時は、気功を継続すべきであり、或いは気功を中止するか、収功した方が良い時は収功する。

気功結束時(終了時)の注意事項

  1. 気功が終わった時は、気を丹田に戻す。口中の唾液が多い時は、口内でうがいをして飲み込む。再び呼吸に新鮮な空気を入れ、目をゆっくりと開け、その後少し身体を動かす。
  2. 静功をした場合は、幾つかの按摩、或いは少し身体を動かす。動功をした場合は、外出や散歩をする。深呼吸を数回、足腰をゆっくり伸ばして、少し静かに休み、それからその他の活動を始める。

  補完代替医療
【気功師|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/kikoushi/


自然治癒力を高める
【気功Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/kikoushi-basic/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

気功の最新記事8件

>中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

三大伝統中医学の一つ、推拿(すいな)の第一人者であり、生活習慣病の早期発見と回復を多く手掛け、自然治癒力、自己回復力を活性化する最高峰の手技療法を世界中で広く普及し多くの生徒を輩出。 一般社団法人国際伝統中医学協会の代表理事としても活動し、日本における、現代人のための中医学教育の第一人者として、医師、薬剤師、セラピストなどの健康のプロに対して、中医学観点からの健康管理法を教育してきた。また医療健康のプロフェッショナルだけでなく専門用語を使わない分かりやすい指導方法や、 豊富な臨床実績をベースにした、生活習慣病、 婦人病や中医学の専門的な診断法である舌診などのセミナーなどを行い、健康に敏感な一般層からも高い人気を集める。60,000人以上の診断実績と、3,000人以上の中医学教育指導実績で、医療関係、専門家などから多くの支持を得ている。