気功

気功

気功と陰陽

陰陽学説は、中国古代の一種哲学思想であり、中医基礎理論の重要組成部分です。気功理論もまた同様にこれを基礎とします。

呼吸について言えば、吐くは陽、吸うは陰、吐くは排出、吸うは補充。『吐きながら気を出す、陽は始まる。吸いながら気を入れる。陰は閉じるなり』《東医宝艦》。これらの理論は気功と指導に対して、重要な意義を持っています。

 

例えば、陽では、身体が熱くのぼせる時は、吐くときに注意する方が良い。それで余った気を外に出します。陽の虚気は落下します。自分で外に気を出すことができないので、強く吸わなければ、これが原因で陽が不足します。

その上、一年に四季があり、春は暖かく、夏は暑く、秋は涼しく、冬は寒い。これは不動の気候変化です。気功の時はその違いに精通しなければなりません。『春夏は陽を養い、秋冬は陰を養う』《素問・四気調神論》。これは気功の時に応じて従う原則です。

次へ >

3