気功

気功

気功の科学研究

近年来、多くの学者と医療関係者が最新の技術、性能、制度を測定する手段として採用し、中医学気功学にある現象及びメカニズムの科学研究を進めました。30億年前に地球に現れ、生物が誕生しました。生物は絶え間なく生まれ新陳代謝を繰り返し、繁殖後もさらに活動を続け、長い年月をかけ、原子動物が厳しい生物変動、適応、「用新廃退」など基本的なリズムに従って、たくさんの品種と多分類を生み出し、各種生命功能が移り変わりました。

気功は生物分子及び、細胞の効能に関して、血液及びその免疫功能に対応し、血液循環系統の効能に対応し、呼吸系統の効能に対応し、消化器系統の効能に対応し、人体エネルギーの効能に対応し、新陳代謝と体温の効能に対応し、感覚器官の効能に体操し、神経系統の効能に対応し、何分泌の生殖系統の効能に対応します。中国及び世界中で多くの学者が全てを実験し、実験内容と体験を述べました。

 

世界の気功研究

近年来、気功はただの成長ブームにとどまらず、国際的に重要視されてきました。中国の気功、インドのヨガ、欧米のリラックス訓練や超覚静座法、日本の座禅など、これらの功法は人体自身の病への抵抗力を高め、病を取り除き、 延命する作用があります。

そしてそれらは、学びやすく、薬治療の不良反応(副作用)がありません。 世界各国の学者が興味を持ち諸国の大学(米国マサチューセッツ州理工大学、ニューヨーク州立大学、英国ロンドン大学)では気功研究所を設立し、気功について多くの学科の角度から大掛かりな研究がすすめられています。

 

国際学術界では、気功を心理学のカテゴリーに帰属させ、国際アジア心理学研 究会は100年以上前に設立し、現在、本部はイギリス・ロンドンにあります。 アメリカのアジア心理学会は1969年にアメリカ科学協会に正式に受け入れられ、現在、アメリカ国内には7カ所に研究センターがあり、その内容も中国 の鍼灸・氣功・武術・ヨガ、及び現代の生物学、催眠術などを包括しています。

 

アメリカは既に気功を宇宙パイロットの必修科目に採用し、多年に渡ってインド・ヨガの研究を進め、あらゆるスポーツやダンス等のパフォーマンスの業界に拡大応用されています。

スイスでは1960年代に国際気功センターを設立し、生理、生物化学研究を重点に研究、カナダでは国際気功スクールが設立、インドでは一般に気功を普及するために、国際気功訓練センタで世界各国の気功の人材を育成するイベントを開催しました。

 

各国での気功の臨床研究では、人体、生化の影響について、練功後の生理功能 と生化物質が発生し、健康に有益な変化が多く生じたことが証明されました。 気功療法を応用した臨床の中では、高血圧、心臓病など見受ける病に良い効果 が得られました。日々、世界各所で気功学の研究と臨床が進み、深く広く発展することでしょう。

 

気功は中国五千年の歴史的療法であり、身体を調整し、精神で意念し、病を減らし、健康の増強に功能が多いことを科学的に証明してきました。

 1997年11月、アメリカ第1回気功学術研究会がワシントンで開催され、当時のアメリカ大統領であるクリントン氏は、祝辞の中で「健康の増進と病を減らすために、私たちが様々な医薬と療法を学ばなければならない。私達人類社会の健康状況の各種医学の道を改善し、皆様と互いに共有出来る新しい医学が成功のチャンスと友情を強めるために貢献している。世界の更なる健康増進と皆様の献身的精神に私は敬意を表する。」と述べられました。

この高い評価は、出席者に深い励ましと喜びを与えました。アメリカ衛生部部長も発言し、「全国に各医療センターを開き、医学気功の学習の進展を図る」ことを決定しました。サンフランシスコ市長ウイリー・フロー氏は11月20-26日をサンフランシスコの気功週間にすることを決めました。気功は唯一、5千年の歴史的療法であること、身体を調節できること、精神で意念し、病を減らし、健康の増強に効能が多いことを科学的に証明したことに鑑み、この気功週間中にこの事実を認定しました。

 

ビーチで多人種の人々が気功法を行なっている写真

次へ >

2