気功

気功

気功とは

気功は予防保健であり、自己調整に良い整体方法です。人体を一つの整体すべき体内組織と見なし、人の生命活動を人体内の矛盾した自己運動、自己調節、自己コントロールの発展過程と見なします。

同時に、人の生命活動と自然界の宇宙万物、時間、大地、季節・季候の変化と社会生活などと密接な関係があると認めています。人々が長い間、病と老化と闘った豊富な経験をもとに、気功学と全ての方法と原則が作られました。

そして伝統中医学の理論体系の中で発展し、人類の繁栄に多大な貢献をもたらしました。

気功は、古代人が長い年月をかけて生活労働をした中で、病や老化と闘い実践する過程で、徐々に健身する方法と理論として作り出されました。気功の現代化は広い科学分野で気功学基本理論を検証しました。

気功を行う時の生理、生物化学変化、物質など多学科の測定試験や観察と分析研究を進め、伝統中医学基礎理論と結合しました。気功を行うことにより、確実に多くの有益な生理現象や生物化学的な客観的変化が観察されました。

 

気功の起源について

その発生と発展は、人々が生きていきた間に大自然と病との長い闘いの中で、実践と総括ができていきました。

雨が多く、湿気が多く冷える。人間の気が滞り、血が澱み、筋骨が縮こまる。気功は人の健康に悪影響を及ぼす大自然の環境と、人々の病との闘いの中から生まれたものです。気功は科学の一つであり、理論、実践、実験の全てであり、古代から現代に至る歴史の中で、徐々に経験と教訓から作られ、まとめられてきました。人は大自然の営みの中で改造され、自身も質量とも生存する中で絶え間なく改善されてきました。

 

人類はどのように健康長寿の可能性を手に入れるのでしょうか。

古代民族は独特の見解と理論を述べています。

古人は天地人合一の思想を述べ、人体生命の情報と宇宙運行の規律を一緒に調和して養生保険をすすめ、人体の生命の運動のリズムと法則をコントロールしようと主張しました。気功は学術の一つとして心身を修練し、生命と心身の治療、健身、長寿の方法となりました。心身を自己調整し、心身を健全化する修練方法として使われれるようになりました。気功は意念と姿勢と呼吸を一緒に合わせ、身体のエネルギーを蓄え、エネルギーが消耗した時はエネルギーを集めて増やし、陰陽を調整し、経絡を通し、気血の流れを調和し、心身ともに健康になり、延命することが目的です。

 

 

気功師 養成講座

 

次へ >

1