気血水

気血水

気、血、水(津液)はともに人体を構成する基本的物質であり、臓腑、経絡などの組織器官が生理活動を維持するための重要な物質である。これらはすべて水穀の精気か ら作られる。気、血、水はそれぞれ別のものであるが、これらの間は互いに化生しあい、協調しあっている。

 

「気」は運動している精微物質であり、推進、温煦などの作用をもち、陽に属する。「血」は基本的に血液に相当する。「水(津液)」は体内のすべての正常な水液の総称である。

 

「血」と「水(津液)」は液体状の物質であり、濡養、滋潤の作用を持ち、陰に属する。人体を構成する基本的物質として、中医学には「精」というものがある。「精」には、広義と狭義がある。広義には体内のすべての精微物質を指し、「精気」とも呼ばれる。

狭義には生殖の精を意味する。精は腎との関係が最も密接である。人体の生長、発育、老化、死亡及び疾病の発生、経過は、すべて気、血、水(津液)、精の運動と変化の結果である。気、血、水(津液)学説は、中医基礎理論を構成する重要な一部分である。

 

気血水の意味とい関係性を表した図

 

体調不良の原因を気血水の観点から表した図