身体のしくみ。知っているのと知らないのでは全く違う!

すいな受講生の嬉しい声

中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

身体のしくみ。知っているのと知らないのでは全く違う!

すいな(推拿)施術師|養成講座を受けたきっかけ

わたしは柔道整復師の専門学校を出て、

7年間整体師として経験を積んできました。

今後独立・開業も考えていたのですが、

現状の施術スキルで自信が持てず、

他と何か差別化できるようなものを身に付けたいと思っていました。

そこで、既に独立・開業している先輩に相談したところ

すいな(推拿)を紹介してもらいました。

もともと柔道整復などの手技で行う施術は、

中医学すいな(推拿)が元となっており、

細かな症状を診断して原因を見出し、

心身に回復に最も適した施術で患者さんを治療するには

必ずすいなを学んでおいた方が良いとのことで

先輩と同じく、中村元鴻先生のところで受講することにしました!

すいな(推拿)講座を受けてから

受講する前までは、

柔道整復の専門学校で学んだ知識」+α(すいな)

というくらいのイメージだったのですが、

まったく違いました。

実際のところは

「柔道整復の知識」「すいな」

今までわたしが有していた施術の知識は、

中医学のすいなからすればほんの一部で、

ツボをつなぐ経絡と臓腑の関係や働き

様々な症状に対する施術の方法や順番の変え方など

整体師として

「絶対に知っておかなきゃいけない!」

と感じるものがほとんどでした。

すいなを習得した今では、

整体師として大きな自信を得ただけでなく、

施術をすることが前よりとても楽しくなりました!

ありがとうございました!!!

>中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

中村元鴻(げんこう)「一般社団法人 国際伝統中医学協会 代表理事」

三大伝統中医学の一つ、推拿(すいな)の第一人者であり、生活習慣病の早期発見と回復を多く手掛け、自然治癒力、自己回復力を活性化する最高峰の手技療法を世界中で広く普及し多くの生徒を輩出。 一般社団法人国際伝統中医学協会の代表理事としても活動し、日本における、現代人のための中医学教育の第一人者として、医師、薬剤師、セラピストなどの健康のプロに対して、中医学観点からの健康管理法を教育してきた。また医療健康のプロフェッショナルだけでなく専門用語を使わない分かりやすい指導方法や、 豊富な臨床実績をベースにした、生活習慣病、 婦人病や中医学の専門的な診断法である舌診などのセミナーなどを行い、健康に敏感な一般層からも高い人気を集める。60,000人以上の診断実績と、3,000人以上の中医学教育指導実績で、医療関係、専門家などから多くの支持を得ている。