肝陽偏亢(かんようへんこう)

陰(冷やす、水分)が不足のため、肝が過剰になること。(肝陽上亢)

>中医学専門用語一覧