肝機能が低下すると、脂肪は消化されなくなる!?

ウエストをメジャーで図っている写真

<健康元鴻(けんこうげんこう)のなるほど中医学!>no.11

本日のキーワードは
「肝機能が低下すると、脂肪は消化されなくなる!?」

 

「肝」の働き、疏泄(そせつ)の中には、

胆汁の分泌と排泄を調節する役割があります。

 

胆汁の主な働きは、

脂肪を乳化して消化酵素の働きを助ける活動をし、

更に脂肪の分解産物に作用して

小腸から吸収されやすく変化させます。

 

そのため、消化を促進させる機能は

肝が重要な役割を担っているのです。

 

 

【胆汁の分泌と排泄】

胆は肝葉の間に附き、

胆汁を貯蔵し、肝に連なり、

肝胆の経脈は絡属して表裏をなします。

 

肝の疏泄機能が失調すると、

胆汁の分泌と排泄に影響を及ぼし、

脇肋部の脹痛、腹満、口が苦い、

黄色い水様物の嘔吐、食欲不振、消化不良、

ひどいときには黄疸などの症候が現れます。

 

 

中医学では「肝」がよく注目されます。

その所以は、日々私たちの身体や精神の悩みの原因が

肝機能の低下が影響していることが多い為です。

 

中医学の「肝」を学び、

悩みを解決しましょう!

 

次のキーワードは

「気持ちや心の変化は肝機能が影響しているかも!?」

です。

 

次回をお楽しみに。。。

 

 

病気に向かう前の

”兆し(サイン)”を見つけて予防する

「未病治診断士 養成講座」はこちら

▼▼▼▼▼▼

未病治診断士 養成講座