中医学の「腎」

腎には「先天の精」が貯えられているが 、それは臓腑の陰陽の本であり、生命の源なので、腎は「先天の本」といわれている。

 

 

位置と形態:

腰部に位置し、脊柱の両側、左右に一つずつ ある。 そら豆の形をしている。「腎は腰の府」である。

 

 

主な生理機能:

  • 蔵精、生長、発育と 生殖を主る。

  • 水を主る。

  • 納気を主る。

 

 

五志、五液、五体、五華、五窮と の連係:

その志は恐 、唾を液とし、体は骨に合 し、その華は髪にあり 、耳、前後二陰に開竅する。

 

 

経脈の属絡関係:

足少陰腎経と足太陽膀胱経は、腎と膀胱で属絡関係にあり、腎と膀胱は尿の代謝に関係があるため、表裏となっている。腎の生理的機能は現代医学の腎臓と同じではなく、泌尿、生殖、内分泌、脳の部分的機能などを包括している。

 

 

腎の生理機能

蔵精、生長、発育、生殖を主る

精は人体を構成する基本物質であり、さらに人体の各種機能を支える物質的基礎である。蔵精とは、この精を封蔵(貯蔵)するという腎の生理作用を指している。人体の 生長、発育 、生殖は、腎が蔵する精気によって行われる。

 

精には先天のものと後天のものがある。先天の精は父母から授けられてもらった生殖の精であり後天の精は飲食物が脾胃で化成されて作られたものである。両者は相互に 依存し、一方があってこそ、もう一方が作用しうるという関係にある。出生前にすでに先天の精は存在しており、出生後は後天の精が先天の精をたえず滋養、補充している。両者は相互に成りたつ関係にある。

 

「先天の精」と「後天の精」は 、産出する場所は違うが、どちらも腎に貯蔵され、両者は依存し、互いに利用している。「先天の精」は「後天の精」により、常に補給されながら成長し、その生理的効果を果たしている。

逆に「後天の精」を生み出すには、「先天の精」が 必要である。両者は互いに助け合い、腎の中で強く結合して腎中の精気となっている。腎精、腎気の盛衰は、生殖及び発育に深く関わっている。人は幼年から腎の精気が徐々に充満しはじめ、思春期にいたって充盛し、それまで増えつづけた腎の精気は「天癸」と呼ばれる物質を産生し、男性では精子にあたり、女性では定期的な排卵と月経がはじまり、性機能が成熟するにつれて生殖能力がそなわる。

老年期に入ると、腎の精気が衰え、性機能と生殖能力はこれに伴って減退、消失し、身体もしだいに衰退する。腎の蔵精作用が失調すると、必然的に生長、発育や生殖能力に影響が及ぶ。不妊症、白髪、脱毛症、歯のぐらつき、小児の発育遅延、筋骨疫軟(無力感)などの症状は、すべて腎の精気不足によるものである。

 

 

水を主る

水を主る(主水)とは、腎の気化作用によって、体内での水液の貯留、輸布、排泄を調節し、水液  を正常に代謝する機能を指している。水液は胃の受納、脾の運化、肺の通調によって全身に輸布され、廃液は膀胱に下輸されて体外に排出されるが、この過程は腎の気化作用によって推進されているので「腎は水を主る」といわれているのである。

 

腎の気化が正常であれば「開合」も順調である。「開」とは代謝によ って水液を体外に 排泄することを指し「合」とは生体に必要な水液を貯留することを指す。腎の気化作用が終始この「開合」に働いている。腎の陽気が不足して気化に影響が及ぶと、水液代謝の調節に障害が発生して尿量減少、尿閉や水腫が生じ、逆に水液の固摂に障害がおきると尿量増加、夜間多尿などの症状が現れる。

 

 

納気を主る

呼気は肺が主っているが、吸気は腎に下らなければならず、これを行っている腎気の働きのことを「摂納」という。この作用は「肺は呼気を主り、腎は納気を主る」といわれている。腎が納気を主ることは、呼吸にとって重要な意義がある。腎気が充実しており、摂納が正常に行われているからこそ、肺の呼吸運動がスムーズとなり、均等な呼吸が可能になる。

 

腎の肺への協力があって肺の呼吸機能は完成される。腎の納気がなければ、呼吸が浅くなり、体内外の気体交換も異常になる。腎虚になって腎気不固となると、吸入した気は腎に帰納しないので、少し動いただけですぐに息切れ、呼吸困難(呼気はできるが吸気がしにくい)、喘息が発生するなどの症状が現れ、これを「腎不納気」といっている。

 

 

恐は腎の志

腎の志は恐である。恐とは、物事に対して恐れビクビクする状態を指す。恐と驚はよ く似ているが、驚は意識せず突然受けるショックであり、恐は自覚のあるもの、いわゆるビクビク、オドオドした状態である。驚、恐は生理活動に対する影響はいずれも一種の不良な刺激である。

 

恐は腎の志であるが、心が主っている神明とも密接な関係がある。心は神を宿るところであり、神が損傷されると心が怯えて恐となる。恐は上焦の気機を閉塞させ、気は下へ追い込まれるので、下焦に脹満がおこり、ひどいときには尿失禁が起こる。

驚は正常な生理活動を一時的に錯乱させるため、心神の不安定、手足がまごついてどうしたらよいか判らなくなるなどの現象が現れる。

 

 

唾は腎の液

唾は口津ともいわれ、唾液の中で比較的ねっとりしたものを指す。唾は腎の精気より化成されたものである。これをのみこむと腎中の精気を滋養する作用がある。しかし、唾が多すぎたり、長時間ダラダラと流れ出てしまうようであれば、腎の精気が消耗されやすい。

このため古代の導引家(気功家)は、舌下や上顎から出る唾液を口いっぱいに満たした後、これをのみこんで腎精を滋養したのである。また唾は脾胃と も関係がある。

 

 

体は骨に合し、骨を主り髄を生じ、華は髪にある

腎が骨を主り、髄を生じるのは、腎の精気が持つ成長、発育を促進する機能の一部である。腎は「蔵精」を主っているが、精には髄を生じる作用がある。髄は骨の中にあり、骨は髄によって栄養されている。

腎精が充足していると、骨髄を化生する源が充分となり、また、髄によって十分に滋養された骨格はしっかりしたものになる。骨の成長、発育、修復などは、腎の精気による滋養と推進に基づいている。

 

腎精が虚してしまうと、骨髄の化源が不足し、骨を栄養することができないため、骨格の発育不全がおこる。小児の泉門閉鎖遅延、肢体の軟弱無力は、先天の腎精不足によるものである。

 

腎が邪気によって損傷され、そのために腎精が不足してしまうと、骨髄は空虚となり、下肢が無力で歩行が困難になったり腰背部の屈伸ができなくなるといった症状が 現れる。また、老人の骨がもろく、折れやすくなるのも腎の精気が不足し、骨髄が空虚になっているためである。

 

腎は髄を生じ、骨を主っているが「歯は骨余」といわれている。歯と骨の発祥が同じであることから、歯も また腎の精気によって栄養されている。腎精が充足していれば 歯はしっかりしているが、腎精が不足すると、小児の歯の生長が遅くなり、大人の歯はぐらつき、さらには抜けてしまう。 歯の生長と脱落は腎の精気の盛衰と密接な関係がある。
また、手と足の陽明経はいずれも歯に走行しているので、歯の病は手と足の 陽明経、大腸及び胃の生理機能にも関係する。

 

髄とは骨髄・脊髄・脳髄に分けられ、いずれも腎中の精気より化成されたものである。腎の精気が充足しているか否かは、骨の成長、発育だけでなく、脊髄、脳髄にも影響が及んでいる。脊髄は上部で脳につながっており、脳は髄が集まってできていることから別名「髄海」ともいう。 腎の精気が不足すると、髄海が空虚になり、眩量、思考力の遅鈍、記憶力減退などの症状が現れる。

 

精と血は、互いに滋養しあう関係にあるので、精が多ければ血も旺盛になる。毛髪は、精と血に養われ、毛髪につやがあるのは血の働きが旺盛な証拠であり、ここから髪は「血余」であるといわれている。 血によって髪は栄養がえられると同時に、その生成のもとは腎の働きにあり、腎は精を蔵し「その華は髪にある」と言われている。

髪の成長、或いは脱落、そしてつやのあるなしが腎中精気の営養補給と血液の滋養に直接関わっている。 青年期と 壮年期は腎精が充実しているので、毛髪にはつやがあ る。老人になると腎気が虚してしまうので、毛髪は白くなり、脱けてしまう。これは自然なことであるが、老人でもないのに髪の毛が枯れ、禿げてしまい、白髪になるものは腎中精気の不足や血虚と関係がある。

 

未病治診断士Basicアドバイザー 養成講座

 

次へ >

1