布団のダニ対策してますか?健康維持の秘訣とは?

白いお布団の写真

<健康元鴻(けんこうげんこう)の緊急中医学NEWS>

 

中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

 

 

最近ずいぶんと暑くなってきましたね?

 

汗をかく季節は、

食欲が下がり、眠りの質も落ちやすくなるので、

免疫力の低下熱中症が予想されます。

 

健康維持病を予防する為に一番重要なことは、

睡眠」です。

 

よく「睡眠の質」が大事といわれていますが、

多くの人は、お布団の手入れが甘くなってしまっているのではないでしょか?

 

良い睡眠を妨げる最も多い要因は、

「臭い」です。

 

睡眠中は意識がありませんが、

五感の中で「嗅覚」だけは

特殊な情報伝達経路になっており

五感の情報が伝わる視床という部位に感覚情報通らず、

直接、大脳皮質に届けられます。

その為、火事の煙の臭いで起きたり、

アロマなどの良い香りで心地よく眠ることができます。

 

つまり、意識はなくても

布団のくさい臭いは直接、脳にストレスをかけており、

知らぬうちに睡眠の質を下げているのです。

 

布団のシーツは最低でも1週間で洗う方が良いですが、

1ヶ月経つと、

シーツから汗や皮脂、ホコリをたくさん吸い、

驚くことに

トイレの便座の9倍以上の雑菌が繁殖していたという研究結果もあります。

 

 

睡眠の大切さ」を中医学で解説!

中医学でいう睡眠は、

  • 精神・思考のバランスを調整する<心>
  • 血の巡りを調節する<肝>
  • 精力・生命力を司る<腎臓>

などの臓腑に関係します。

 

これらの関係から睡眠の質が落ちたり、

睡眠不足になることよって、

気血の巡りが悪くなり、

身体の熱“エネルギー”が上半身に停滞するようになります。

 

熱が上半身に停滞すると、

情緒が不安定になり、イライラしたり、

鬱(うつ)の状態に陥りやすくなります。

 

そして更に状態が続くことにより、

免疫が低下し、

心筋梗塞脳梗塞など重大な生活習慣病の原因になるのです。

 

中医学の「未病治」

こういった小さな事から

起こりうる病の可能性を見つけ予防し、

健康を増進させる方法を学ぶ事ができます。

 

▼生活習慣の改善方法を本気で学ぶ
健康増進・病を予防する『養生学』
【未病治診断士 養成講座】はこちら

未病治診断士 養成講座

 

▼やさしい中医学、
だれでもわかる陰陽五行など
「中医学初心者向け」の講座
【未病治Basicアドバイザー 養成講座】

未病治Basicアドバイザー 養成講座

 

▼たったの3時間で
ほんとうの薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって
毎日もっと幸せに!
【薬膳アドバイザー 養成講座】はこちら

薬膳アドバイザー 養成講座