増え続ける中高年のひきこもり! 実はあなたにも可能性が!?

落ち込んでいる男性の写真

<健康元鴻(けんこうげんこう)の緊急中医学NEWS>

 

中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

 

 

今『ひきこもり』は、

若い年代だけでなく、

40歳以上の『中高年ひきこもり』が増え続けており、

今後さらにひきこもりの高齢化が予想されます。

 

内閣府の発表(2019/03/29)によると、

ひきこもり』の40~64歳が、

全国で推計61万3千人いるとのこと。

 

そのうち、

・7割以上が男性

・ひきこもり期間:7年以上が半数を占める

・15~39歳の『ひきこもり』は推計54万1千人

という結果により、

ひきこもりの高齢化・長期化』が鮮明となりました。

 

「ひきこもり」には
ポケモンGO』が効果的!?

行政やNPOは様々な取り組みを行う中、

海外の心理学者は

“「ポケモンGO」などのゲームを活用することが、

外出するきっかけとして効果的なのではないか?”

と主張しています。

 

中高年がひきこもりになるきっかけとして、

リストラなどによる退職

・職場のいじめなどの人間関係

就職活動の不調で無職の状態が続く

などが多く、

・今後、親が生活するための援助ができなくなるかも

・年金の受給が遅くなり、十分な金額も期待できない

などの経済的な行き詰まりや不安

抱えていることが特徴です。

 

しかしそういった不安を抱えながらも、

なぜ『自活』しようする気力が湧かないのでしょうか。

 

その原因は、
本当に経済的な困窮や不安だけなのでしょうか。

 

※「自活」=自分で働いて生活を成り立たせること

 

中高年ひきこもりは誰がなってもおかしくない!?」
原因を中医学で解明!!!

改善策として「ポケモンGO」が
挙げられる要因として、

・外出するきっかけをつくれる

・家族も協力することでコミュニケーションを図れる

といった利点があるようですが、

それはあくまで特効薬としてで、

根本的な解決にはなりません。

 

西洋医学で治す方法として、

うつ病、統合失調症、不安障害

などと診断された場合、

薬物療法(化学療法)や精神療法などの

治療を受けますが、

回復するまでにかなり時間がかかるようです。

 

しかし、うつ病や不安障害などは、

現代急増している

重大な生活習慣病の過程にあると考えられます。

 

ひきこもり」の人でなくとも、

日々の良くない生活習慣により精神疾患を患い、

それでも無理に働き続けることで

脳疾患・心疾患などの重病に至ってしまう

ケースがたくさんあるのです。

 

そのため

ひきこもりになってしまう原因は、

経済的な困窮・不安だけではなく、

そもそもの生活習慣にも原因があるため、

誰がなってもおかしくないのです。

 

中医学(東洋医学)では、

病に至ってしまう原因は、

日々病に向かう生活をしていると考えます。

 

病は急に起こるものではなく、

長期的に悪い生活習慣をつづけて

徐々に心身を蝕んでいくため、

自覚症状がでてから、もしくは

病院で診断されてからでは、

治すのにも長い時間がかかってしまうのです。

 

このように

急に変化することはなく、

徐々に移り変わっていくことは

自然の摂理であり、

陰陽の原理」といいます。

 

中村元鴻(なかむらげんこう)先生の教える中医学は、

病に至ってしまう前に、

病に向かっている状態を見つける方法、

病に向かう可能性がある生活習慣を見直すことを身につけて、

後悔する前に

あなたやあなたの家族が

健康で元気に過ごし続けるため

知識とスキルを習得することができます。

 

病に至って、後悔する前に、、、

 

▼健康増進・病を予防する方法を学ぶ
【未病治診断士 養成講座】はこちら

未病治診断士 養成講座

 

▼やさしい中医学、
だれでもわかる陰陽五行など
「中医学初心者向け」の講座
【未病治Basicアドバイザー 養成講座】

未病治診断士Basicアドバイザー 養成講座

 

▼たったの3時間で
ほんとうの薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって
毎日もっと幸せに!
【薬膳アドバイザー 養成講座】はこちら

薬膳アドバイザー 養成講座