脾経

脾経(足太陰脾経)

【循行経路】

足の母趾の内側端(隠白穴)から起こり、母趾内側の赤白肉の際に沿って上へ行き、内果の前縁を経過し、下腿内側の中線を上行し、内果の上8寸の処で、足厥陰肝経の前に行き、膝、大腿内側前縁に沿って上行し、腹部に入り、脾に属し、胃に絡す。横隔膜を通過して上行し食道の両側を挟んで上へ向い、舌根部につらなり、舌下に散布する。

 

【胃部の支脈】

胃から分かれて上行し、再び横隔膜を通過し心中に流注し、手少陰心経と連接する。

 

〔主な症候〕

曖気(げっぷ)、嘔吐、胃痛、全身が里くて無力、大腿・膝内側の腫脹、厥冷(詰まって流れない)、黄疸、腹張、大便稀薄、舌根がこわばって痛い

 

脾経の部位を表した図

脾経の部位を表した図