健康観(WHO)

健康観

健康の定義

「健康」「長寿」これは人間誰しもが求める、最も大切なことである。 健康で長生きしたいという人間の欲望や願望は、多くの人達に時代や国境までも超えて求められてきた。それでは「健康」とはどういう状態を指すのか。

 

1948(昭和23)年、WHO(World Health Organization 世界保健機構 現 世界保健機関)が全世界の健康に関する有識者を集め、保健憲章を作った。WHO憲章では、その前文の中で「健康」について、次のように定義している。

 

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

 

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいう。」

 

解説:

健康とは病気や虚弱でないというだけではなく、身体の体力値が高く、知的には適切な教育を受け、社会的(家族、地域社会、職場)には豊かな人間関係があり、精神的にも安定している状態である(精神的健康・社会的健康・身体的健康のバランスが取れた状態)というものだといえる。

 

この定義によってWHOでは、医療に限定されず幅広い分野で、人々の健全で安心安全な生活を確保するための取り組みが行われている。

この憲章の健康定義について、1998年に新しい提案がなされた。

 

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

 

静的に固定した状態ではないということを示す「dynamic」とは、健康と疾病は別のものではなく連続したものであるという意味付けから、また「spiritual」は、人間の尊厳の確保や生活の質を考えるために必要で本質的なものだという観点から、字句を付加することが提案された。

 

夫婦が仲良く砂浜を歩いている写真

 

この提案は、WHO執行理事会で総会提案とすることが賛成22反対0棄権 8で採択され、そのことが大きく報道された。そのため、健康定義は改正されたと誤解している人も多いが、その後のWHO総会では、現行の健康定義は適切に機能しており、審議の緊急性が他案件に比べて低いなどの理由で、審議入りしないまま採択も見送りとなった。 

 

日本語では「mental」も「spiritual」も同じく精神的と訳してしまいそうになるのは、宗教に希薄な国民性のためかも知れない。どう翻訳すべきかを考えてみることも、「健康とは何か」を考える一つと言える。

健康に関する定義で、世界的に知られているのは、WHO(世界保健機関)憲章の前文中にあるものである。

 

「健康とは、身体的、精神的ならびに社会的に完全に良好な状態であり、単に病気や虚弱でないことに留まるものではない。到達しうる最高度の健康を享受することは、人種、宗教、政治的信念、社会・経 済的条件の如何にかかわらず、全ての人類の基本的権利の一つである。」

 

以上のことを簡単に言うと、単に病気や虚弱ではなく、身体的には体力値が高く、知的には適切な教育を受け、社会的には豊かな人間関係があり、精神的にも安定している状態ということになる。

 

気功Basicアドバイザー

 

次へ >

1