中医学の「肺」

肺は臓腑のうちでは最も高いところに位置しているから「臓の蓋」と呼ばれている。 肺葉は柔らかく、寒熱に弱く、外邪に犯されやすいことから「嬌臓」(きゃしゃな臓)といわれている。

 

 

位置と形態:

胸腔に位置し、心臓の両側、左右に1つずつある。 蜂の巣状の構造をしている。

 

 

主な生理機能:

  • 気を主り、呼吸を司る。

  • 宣発と粛降を主る。

  • 水道を通調させる。

  • 百脈に朝じ、治節を主り、心臓を補佐して気血の運行を調節する。

 

 

五志、五液、五体、五華、五竅との連係:

その志は憂、沸(はなみず)を液とし、体は皮に合し、その華は毛にあり、鼻に開竅する。

 

 

経脈の属絡関係:

手太陰肺経と手陽明大腸経は、肺と大腸で属絡関係にあり、肺と大腸は表裏となっている。

 

 

​肺の生理機能

気を主り、呼吸を司る

肺には「一身の気」を主る作用と「呼吸の気」を主る作用がある。 肺の「一身の気を主る」作用は、全身の気はすべて肺に属し、肺がそれを調節しているという意味である。主として気の生成、特に宗気の生成における作用を指している。これは肺から吸入される清気と、脾胃が運化する水穀精微とが結合することによって生成される。

 

したがって肺の生理機能は、宗気の生成に直接影響するし、全身の気の生成にも影響する。また、肺の「一身の気を主る」作用は、全身の気機(気の運動状態)に対して調節を行っている。肺のリズミカルな「呼」と「吸」は、全身の気の昇降出入に対して重要な調節作用を行っている。

 

「肺は呼吸の気を主っている」が、これは肺が体内外の気体交換を行う場所であり、肺の呼吸を通じて、自然界の清気を吸入し、体内の濁気を吐き出しているからである。

これにより気の生成は促進され、気の昇降出入は調節され、人体の正常な新陳代謝が行われる。したがって、呼吸の機能が失調すると、宗気の生成と気の運動に影響し、全身の気や呼吸の気を受け持つ肺の機能も弱くなる。また気の不足や昇降出入の 異常となれば、肺の呼吸運動にも影響を及ぼす。

 

 

宣発と粛降を主る

「宣発」とは、宣通と布散の意味であり、すなわち肺気が全身及び体外に発散することである。また「粛降」には、清粛、清潔、下降の意味があり、すなわち肺気が下に通降し、呼吸道の清潔を保持する作用を指している。

 

宣発作用:

・肺の気化作用に よって、体内の濁気を排出する。

・脾により輸送される津液と水穀の精微を全身に布散(輸送)し、皮毛に到達させる。

・衛気を宣発し、膝理の開閉を調節する。これにより代謝後の津液を汗に変え、体外に排泄する。

 

したがって肺失宣発(肺気の宣発がうまくいかない)になると、呼気不利、胸悶、咳喘及び鼻詰まり、くしゃみ、無汗などの病理現象が起こる。

 

粛降作用:

・自然界の清気を吸入す る。

・肺から吸入された清気と、日から肺に運んできた津液、水穀の精微を下に輸送する作用がある。

・異物を取り除き、肺と呼吸道を清潔な状態に保持する。

・肺気を腎に下降させる。

 

したがって肺失粛降(肺の粛降がうまくいかない)になると、呼吸が急迫したり浅くなったりし、また咳痰、喀血などの病理現象が起こる。

 

肺の宣発と粛降:

肺の宣発と粛降の2つの生理機能は、相反する動きである。正常な状況下では、相互に依存しあっており、また相互に制御しあっているが、病理的状況下では、常にこれらは相互に影響しあう。

例えば、宣発機能が正常に働かなければ、粛降機能もその影響 を受け、粛降機能が正常に働かなければ、宣発機能もその影響を受ける。 この2つの機能が正常であれば、気道は通り、呼吸も程よく調節され、体内外の気体交換が正常に行われる。この2つの機能が失調すると「肺気不宣」「肺失粛降」という病変が生じ、咳嗽、呼吸急迫、喘息などの肺気上逆の症候が見られる。

 

未病治診断士 養成講座

 

次へ >

1