泄瀉(下痢)

下痢(泄瀉)

泄瀉とは排便の回数が増え、便が希薄で、甚だしい場合は水様便になる病症を指す。

泄瀉下痢の中で、水を流すように下り、腹痛をあまり伴わない症状のことである。

急慢性腸炎、腸結核、自律神経失調症、ク ローン病の治療には本証を参照する。

 

下痢の原因を表した図

 

泄瀉の主な病理基本は湿である。湿には外湿と内湿がある。

外湿は、湿邪が体内に侵入すること指す。外湿は泄瀉の重要な原因であり、また、長期的に脾胃に悪影響を与え、脾胃機能低下による内湿を生じることもある。

内湿は、臓腑機能失調による病理産物である。内湿も泄瀉の重要な原因である。

 

<弁証論治>

下痢の種類を表した図

 

1.外邪感受

(1)寒湿(風寒)

【症状】大便希薄、甚だしい場合は水様便、無臭、腹痛、腸鳴、院悶、食欲不振、悪寒、発熱、鼻詰まり、頭痛、肢体酸痛を伴う。苔は薄白あるいは白膩、脈は濡緩である。

 

【証候分析】外感寒湿、風寒の邪が胃腸を襲う、あるいは過食生冷物、脾失健運、昇降失常、清濁混雑、伝導異常のため、大便希薄をみる。寒湿内盛、胃腸気機阻滞のため、腹痛、腸鳴を起こす。寒洞困脾のため、脘悶、食欲不振をみる。悪寒、発熱、鼻詰まり、頭痛、肢体酸痛は風寒外襲の証候である。苔が白膩、脈が濡緩は寒湿内盛の 証候である。

 

【治法】解表散寒、芳香化湿。

 

(2)湿熱(暑湿)

【症状】泄瀉、腹痛、下痢急迫、排便不爽、便色黄褐、便臭、肛門灼熱、煩熱、口渇、小便短赤。舌苔は黄膩、脈は濡数または滑数である。

 

【証候分析】湿熱の邪、夏の暑湿が胃腸を侵し、伝導失司するため、泄瀉を起こす。 腸熱のため、下痢急迫になる。湿熱混雑のため、排便不爽をみる。湿熱下注のため、肛門灼熱、黄褐色便、小便短赤が見られる。煩熱、口渇、舌苔が黄膩、脈が濡数また滑数は湿熱内盛の証候である。

 

【治法】清熱利湿。

 

2.食滞胃腸

【症状】腹痛、腸鳴、排泄物悪臭、不消化物、排便後腹痛減、脘腹痞満、げっぷ、呑酸、食欲なし。舌苔は垢、または厚膩、脈は滑である。

 

【証候分析】飲食不節、宿食内停、阻滞胃腸、伝導失常のため、腹痛、腸鳴、脘腹痞満が現れる。宿食不化、濁気上逆のため、げっぷが見られる。宿食下注のため、排泄物悪臭。排便で食邪排出のため腹痛軽減をみる。舌苔が厚膩、脈が滑は宿食内停の証候である。

 

【治法】消食導滞。

 

3.肝気乗脾

【症状】平素胸肋脹悶、げっぷ、食欲不振、泄瀉は憂慮・怒・精神緊張後による泄瀉。舌は淡紅、脈は弦である。

 

【証候分析】七情損傷、気機不利、肝失条達、肝気犯脾、脾失健運のため、腹痛、泄瀉がみられる。肝失疏泄のため、胸肋脹悶、げっぷ、食欲不振をみる。舌が淡紅、脈が弦は肝旺、脾虚の証候である。

 

【治法】疏肝理気、健脾止瀉。

 

4.脾胃虚弱

【症状】大便希薄、不消化物混入、油濃い物の摂取によって排便回数増加、飲食減退、脘腹脹悶、顔色萎黄、四肢倦怠、無力。舌は淡、苔は白、脈は細弱である。

 

【証候分析】脾胃虚弱、運化失常、水穀不化、清濁混雑のため、大便希薄をみる。脾陽不振、運化失常のため、飲食減退、脘腹脹悶、油濃い物を食べると大便回数増加をみる。経過が長く、脾胃虚弱になり、気血生化不足のため、顔色萎黄、四肢倦怠、無力が見られる。舌質が淡、苔が白、脈が細弱は脾胃虚弱の証候である。

 

【治法】健脾益胃。

 

5.腎陽虚衰(五更泄、鶏鳴泄、腎泄)

【症状】夜明前の腹痛、腸鳴、泄瀉、排泄後症状緩和、寒がり、四肢の冷え、腰膝酸軟。 舌は淡、苔は白、脈は沈細である。

 

【証候分析】長期泄瀉、腎陽虚衰、温土不能、運化失常、夜明前の陽気不振、陰寒内盛のため、腹痛、腸鳴、泄瀉をみる。排泄後、腑気得通、症状緩和がみられる。寒がり、四肢の冷え、腰膝酸軟、舌が淡、苔が白、脈が沈細は脾腎陽虚の証候である。

 

【治法】温腎健脾、固渋止瀉。